「高校生」タグアーカイブ

[古文]高3になる前に準備しておきたい3つのこと

四月から受験生になる、現高校2年生を主な対象として、この2月3月の時期にどんなことを意識して古文の勉強に取り組んでおくべきかについて、お話をしたいと思います。

必要な3つのことーー古文文法・古文単語・古文常識
・古文文法
・古文単語
・古文常識

 

この三つの知識をきちんと身につけることができていて、はじめて古文を読むための下地ができると言えます。このうち、文法と単語はなるべく早い段階で主要なものを身につけるに限ります。古文常識はある程度読む練習を重ねながら、文章ごとに関わる古文常識を身につけていくとよいでしょう。

このあたりのことについての詳細は、私の別の記事でも触れていますので、ぜひご参照ください。

・古文学習事始(古文単語について)

古文学習事始

・古文文法学習の第一歩

古文文法学習の第一歩

古文文法の学習・参考書

今日はこのうち、古文文法の学習について、具体的な参考書も挙げながら説明をします。まず、古文文法については、いきなりすべてを覚えていくことは難しいですし、苦痛です。忘れる度に調べ、文章を読みながら何度も確認する習慣をつけましょう。単調な暗記の部分もありますが、やはりきちんと理解をしたうえで覚えたら定着度が違うはず。

初歩の初歩から説明してくれており、苦手な人の独習にお勧めなのが以下の参考書。

『望月光の古文教室 古典文法編』旺文社

ただし、こちらだけでは理解の部分は十分であっても、練習量が足りなくなってしまいます。そこで、以下の問題集を利用して、何度も繰り返し問題を解いて練習をしましょう。

『ステップアップノート30古典文法基礎ドリル』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ステップアップノート30 古典文法基礎ドリル 三訂版
価格:756円(税込、送料別) (2019/2/12時点)

なお、上記の文法練習で満足するのではなく、文章題に取り組みながら、何度も調べ説明を読み返すようにしてください。その際には、学校から配られた文法書がリファレンス用としては非常に優れていますし、時には通読も試みてください。大切なのは実際の用例に触れながら、文法を学ぶことと、何度も調べることです。今のうちにその習慣をつけておきましょう。

==================================

葛西佑也——Yuya KASAI

大手予備校・高校等に出講。

日本古典文学研究と予備校や高校での古典講義を中心に精力的に活動。日本古典文学、中でも中古・中世、歌論、美術史をはじめ、興味関心は多岐にわたる。講義を通して古典に親しみ、その世界観に魅了される生徒は後を絶たない。

学びエイドを使った世界史学習

「学びエイド」という映像授業配信サイトをご存知でしょうか。全教科・全単元の講義動画を配信するサービスで、1日3コマまでは無料で視聴することができます。

筆者(鈴木悠介)も、
学びエイドに世界史の講義を提供しています。

そこで今回は、学びエイドで視聴可能な動画を活用した世界史学習法についてご紹介したいと思います。

学びエイドの鈴木悠介講座は以下の通りです。

鈴木悠介担当講座
①鈴木悠介の世界史詳説〈前近代〉
②鈴木悠介の世界史詳説〈近現代〉

③鈴木悠介の世界史演習〈基礎編〉

④鈴木悠介の世界史演習〈標準編〉

⑤鈴木悠介のセンター対策世界史

※2018年12月現在
勉強ルート

具体的な勉強ルートはこちらです。

まず①②の「世界史詳説」で通史の各単元を速習しましょう。
この講義では、鈴木悠介の執筆参考書『高校世界史をひとつひとつわかりやすく。』(学研プラス)の紙面を活用して、世界史の全範囲を解説しています。
1コマ5分、全てを視聴しても30時間で完成します。
こちらで自分にとって必要なコマだけをピンポイントで学習しましょう。

その後、問題演習に入ります。
問題演習は、通史知識を定着させるために必要不可欠です。

③④の演習講座では、鈴木悠介の執筆参考書『世界史単語の10秒暗記 ENGRAM2250』(学研プラス)の紙面を活用して知識の拡充を図りながら、各問題の解説を丁寧におこなっていきます。

現在、レベルは基礎編(センターレベル)と標準編(中堅私大レベル)に分かれていますが、難関編(難関私大レベル)も制作予定です。

なお、演習講座の章立ては、通史講座の「世界史詳説」と共通していますので、学びエイドで通史を学んだ方がスムーズに次のステップに入れる仕組みになっています。

学校や塾予備校で世界史を学び、通史理解がすでにある方は、いきなり演習講座に入っても良いでしょう。

そして⑤のセンター対策講義です。

こちらはセンターの傾向分析を行った上で、過去問を1問1問丁寧に解説しています。

センター試験は通史知識が縦横無尽に問われるテーマ史がほとんどですから、ある程度学習が進んだ段階で取り組んでみましょう。

特に、受験学年の方は、過去数年分を遡って視聴してみることをオススメします。

おわりに

以上が学びエイドを活用した世界史学習です。

基本的に学びエイドの中だけで学習を完結させることも可能なように講座設計をしていますので、どうぞご活用ください。

また今後もさらに講座は充実していく予定ですので、こちらもご期待ください!

◆学びエイドの鈴木悠介講座ページ
https://www.manabi-aid.jp/user/prof/2CF

==================================
鈴木悠介——Yusuke SUZUKI[世界史]

予備校講師・参考書作家・予備校マニア・学参収集家。

著書『高校世界史をひとつひとつわかりやすく。』シリーズ(学研プラス)『世界史単語の10秒暗記 ENGRAM2250』(学研プラス)他。

鈴木悠介公式ホームページはこちら