「文化史」タグアーカイブ

[世界史]文化史を克服する方法

世界史学習において、文化史というのは一つの「鬼門」です。
文化史というと、ひたすら「人物」「作品」などを機械的に覚え込んでいくイメージを持ちやすく、この分野が「大好き」「得点源」という学生はほとんどいません。

教える側からしても、文化史はその力量の差が如実に出てしまう分野といえます。それは普通の通史のように「用意されたセオリーとしての流れ」が存在しないため、ともすれば「事項の羅列」を繰り返してしのぐ羽目になるからです。

政治史と関連づけ、ジャンルごとに時代をつなぐ

「流れ」なきところに「流れ」を見出す。
これが文化史克服の第一歩です。

そのためには、以下の2点を意識しましょう。

①政治史との関連づけ
②ジャンルごとに時代をつなぐ

順に説明します。

①政治史との関連づけ

一般に文化史の学習は政治史(通史)の後に行いますね。
せっかく政治史で歴史の「ストーリー」を頭に入れたのですから、それにうまく文化史事項を紐づけてやれば良いのです。
これはよく耳にするアドバイスだと思いますが、どうも難しく感じる高校生が多いようです。

その場合はまず、文化史に登場する人物が、政治史でいうと「いつ頃に活躍したのか」を書き出してみましょう。

そして通史を学んだプリントやノートにその人物を書き入れていきます。それだけで、人物へのイメージが湧き、文化史への距離はぐっと近くなることでしょう。

上記は高校生が自分一人で取り組みやすい作業です。
もう少し歴史的内容に踏み込んだ高度な関連付けをしたい場合は、学びエイドに提供中の僕の文化史講座や、市販の参考書『タテヨコ総整理 世界史×文化史 集中講義12 新装版』(旺文社)

などを参考にすることをオススメします。

 

②ジャンルごとに時代をつなぐ

文化史学習に関しては、教科書通りの単元の区切りにこだわらない方が良い場合があります。

たとえば、

「17〜18世紀のヨーロッパ文化」
「19世紀の欧米文化」
「20世紀の文化」

という世界史後半における文化史の難所があります。

これらは内容も膨大ですから、
いっそのこと

「文学史」
「絵画史」
「哲学史」

などのようにジャンルを意識しながら時代をワープしていくのも手です。つまり、絵画史ならば17世紀のバロック美術から20世紀の超現実主義まで通しでやってしまうのです。

このやり方のメリットは、とにかく「流れ」が見えやすいこと。あらゆるジャンルを「文化史」という括りで無理やりまとめてしまうから無味乾燥なカタログになってしまうわけで、正しく細分化してつなぎ直せば再び血が通い始めるものなのです。
定期試験のように時代が区切られている場合は難しいかもしれませんが、受験勉強においては通史の学習が一定以上終わった後にまとめて文化史に取り組むことも多いため、上記のやり方は極めて有効です。