「学習法」タグアーカイブ

漢文事始め

漢文とは何か

簡単に言えば、中国の昔の文章のことです。日本人の誰もが、古文をすらすら読めるわけではないのと同じで、現在の中国人みんながすらすら読めるわけではありません。

漢文はどうやって勉強するべきか

まずは、学校の授業をきちんと聞きましょう。受験科目の中でも後回しになりやすい科目です。それはある程度仕方のないこと。だからこそ、学校で触れる機会を大切に大切にしてもらいたいんです。

それから、句法についての解説書が学校で配布されている場合が多いでしょうから、授業や教科書などで扱われていた句法については、そちらで確認し、逐一覚えるように努力をしてみましょう。

漢文の語順を知ろう

漢文を書き下し文にし、読みこなしていくためには、日本語との語順の違いを知っておく必要があります。

これも、実は、みなさんの持っている句法の解説書や、教科書で詳しく説明された頁があったりするので、熟読をしてみてください。目次を確認し、「漢文の基本構造」などという題が、最初のほうにありませんか? その部分です。

参考書や教科書によって読み方が違うケースがある

実は、漢文の読み方が本によって違うケースがあって、学ぶみなさんは混乱してしまうことがあるようです。
これは漢字だけの文章を日本語に直す過程で、訓点をつけた人によって差が出てくるために起こることであって、どれが正しいということもありません。みなさんは、学校の授業や教科書を中心にすれば問題はありません。ただ、そういう違いがあるということは知っておきましょう。

最後に 漢文はなぜ国語か

こんな疑問を持った人はいませんか? 私も何度か考えたことがあります。

たとえば、今でも「四面楚歌」や「矛盾」と言った言葉が日本語として使われていますが、その起源は漢文にまでさかのぼることができます。このようなことから、日本文化や日本語の中に漢文の知恵が脈々と受け継がれているのだから、漢文は国語に含まれるのだとか、いろいろな説明があるようです。

実はこのテーマに関わる文章は、現代文の評論文でも入試に出題されたことがあるんです。ですから、上記のような問題意識を持ったあなたは鋭い。もし、よかったら下記の本を読んでみませんか?

漢文脈と近代日本 (角川ソフィア文庫) | 齋藤 希史

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

漢文脈と近代日本 (角川文庫 角川ソフィア文庫) [ 齋藤希史 ]
価格:907円(税込、送料無料) (2019/2/12時点)

漢文の素養 誰が日本文化をつくったのか? (光文社新書) | 加藤徹

==================================

葛西佑也——Yuya KASAI

大手予備校・高校等に出講。

日本古典文学研究と予備校や高校での古典講義を中心に精力的に活動。日本古典文学、中でも中古・中世、歌論、美術史をはじめ、興味関心は多岐にわたる。講義を通して古典に親しみ、その世界観に魅了される生徒は後を絶たない。

[古文]高3になる前に準備しておきたい3つのこと

四月から受験生になる、現高校2年生を主な対象として、この2月3月の時期にどんなことを意識して古文の勉強に取り組んでおくべきかについて、お話をしたいと思います。

必要な3つのことーー古文文法・古文単語・古文常識
・古文文法
・古文単語
・古文常識

 

この三つの知識をきちんと身につけることができていて、はじめて古文を読むための下地ができると言えます。このうち、文法と単語はなるべく早い段階で主要なものを身につけるに限ります。古文常識はある程度読む練習を重ねながら、文章ごとに関わる古文常識を身につけていくとよいでしょう。

このあたりのことについての詳細は、私の別の記事でも触れていますので、ぜひご参照ください。

・古文学習事始(古文単語について)

古文学習事始

・古文文法学習の第一歩

古文文法学習の第一歩

古文文法の学習・参考書

今日はこのうち、古文文法の学習について、具体的な参考書も挙げながら説明をします。まず、古文文法については、いきなりすべてを覚えていくことは難しいですし、苦痛です。忘れる度に調べ、文章を読みながら何度も確認する習慣をつけましょう。単調な暗記の部分もありますが、やはりきちんと理解をしたうえで覚えたら定着度が違うはず。

初歩の初歩から説明してくれており、苦手な人の独習にお勧めなのが以下の参考書。

『望月光の古文教室 古典文法編』旺文社

ただし、こちらだけでは理解の部分は十分であっても、練習量が足りなくなってしまいます。そこで、以下の問題集を利用して、何度も繰り返し問題を解いて練習をしましょう。

『ステップアップノート30古典文法基礎ドリル』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ステップアップノート30 古典文法基礎ドリル 三訂版
価格:756円(税込、送料別) (2019/2/12時点)

なお、上記の文法練習で満足するのではなく、文章題に取り組みながら、何度も調べ説明を読み返すようにしてください。その際には、学校から配られた文法書がリファレンス用としては非常に優れていますし、時には通読も試みてください。大切なのは実際の用例に触れながら、文法を学ぶことと、何度も調べることです。今のうちにその習慣をつけておきましょう。

==================================

葛西佑也——Yuya KASAI

大手予備校・高校等に出講。

日本古典文学研究と予備校や高校での古典講義を中心に精力的に活動。日本古典文学、中でも中古・中世、歌論、美術史をはじめ、興味関心は多岐にわたる。講義を通して古典に親しみ、その世界観に魅了される生徒は後を絶たない。

[現代文]高3になる前に準備しておきたい3つのこと

センター試験(本試験)から3週間が経ちました。(※2月11日現在)
…ということは,現高2生のみなさんが受験することになるセンター試験(2020年1月18ー19日)まで残り1年を切っているんですよね。はやいですねぇ。

いよいよ迎える本格的な受験生としての1年間を過ごすこととなるにあたり,どのような点に意識を向けていきましょうかね。

新年度までに取り組みたいことは3つ

新年度までに取り組みたいことーー「すでに取り組んでいる」という人も改めて確認したいことーーは3つあります。

・語彙力拡充
・本文読解の基本を確認
・知識の獲得

この3つを意識して勉強しつつ,新年度に向けた基礎を作り上げていきたいところです。

以前,非受験学年の現代文学習について書いたこちらの内容と項目自体はほぼ同じ。

現代文の学習指針①(高1・2生)


もちろん時期によって段階はありますが,現代文の学習ってこれを意識し続けないといけないんですよね。いつでも。

では,それぞれの点について少しずつ掘り下げていきます。

新年度への準備①ーー「頻出語彙」を理解する

強靭な語彙力を持つ受験生とそうでない受験生と,どちらの方が安定した文章読解ができると思いますか?

答えは言うまでもなく,「強靭な語彙力を持つ受験生」です。文章に書かれている内容を理解するためにも,記述解答を書くためにも,やはり言葉というものを知らなくてはなりません。

そのためにも,これから触れる文章の中で出会った言葉をその都度調べながら少しずつ使いこなせる言葉を増やしていくわけですが,この時期にまずはある程度まとめて「頻出語彙」と呼ばれるものと向き合ってみることをお勧めします。

おすすめは,語彙同士の関係性を掴みやすいこちらの参考書。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イラストとネットワーキングで覚える 現代文単語 げんたん
価格:886円(税込、送料別) (2019/2/12時点)

くわしいレビューはこちらから。

イラストとネットワーキングで覚える現代文単語 げんたん

国公立現代文 特別編ーー現代文を「読む」

こんにちは。
2月もそろそろ10日に達しようとしております。受験生の皆様は出願する大学、学部が決定し、並行して私立大学の受験が始まっていて…というタイミングでしょうか。

国公立大学の受験に向けて、特に「記述問題の解法という観点から書いているこの連載、今回は趣向を変えてお届けします。

現代文は本来「読めなければ解けない」科目である

現代文は本来、「読めなければ解けない」科目であり、「読めれば(ある程度は)解ける」科目であります。

ここから導き出されること。それは…

「文章を読まないで問題を解くことは避けるべきである」

このことを強く伝えておこうと思います。

しっかりと文章を読み、書き手の言いたいことを掴む練習をしましょう。普段、通っている予備校や塾がある方は信頼できる先生の読解法を定着させるために過去問の文章を読み、私大の文章を読み、準備を進めてください。

ではどうやって読んだら良いのか…という方のために簡単なポイントとお勧めする参考書を挙げていきます。

評論の読解作業ーーマクロ作業編

①抽象と具体
②対比と繰り返し
③論のまとまり

①抽象と具体
・筆者の主張(=抽象)と例(=具体)を識別する
・抽象を中心に読み進める。
・抽象と具体の対応関係を考える。
(具体例がどの抽象部分に対応するかを確認。)

 

②対比と繰り返し
・筆者の(論)を際立たせるために比較を行うのが対比
・対比されている事項の相違点/共通点を確認する。
・抽象/具体や同一内容の繰り返しは散見される。
・繰り返しの内容は重要であると判断する。

 

③論のまとまり
・論の展開の切り替え点を見極める。
・「今の話題は何か」を考える。
*解答根拠を考える範囲を確定させることにも役立つ。

 

評論の読解作業ーーミクロ作業編(重要表現の把握)

本文中の「筆者の主張」が示されている部分はcheckをする。

Ex. 直接的に筆者の主観を示す表現
A.心情
B.評価・強調

A.心情
文章中の意見・感想・心情は断りがなければ筆者の主観。
 a と思う/感じる/考える/気がする。(意見・感想)
 b は面白い/許せない。(心情)

 

B.評価・強調
以下の評価を下しているのは筆者である。
 a は 重要だ/注意すべきだ/必要だ/問題だ<重要系>
 b  は 本質だ/特徴だ/原理だ/前提だ<基礎系>
 c  こそ …だ。<特筆>
 d  は 最も/何よりもまず…<その他>

☆読解作業のゴール地点はあくまでも筆者の主張を把握することです。上記の事項を頭に入れた上で各文章と向きあいましょう!

とはいえ、上記のことは「概論」であって、実際に使わないと意味がありません。以下にいくつかの参考書、問題集を挙げさせていただきます。練習によって「実践」を重ねていきましょう。

おすすめの参考書

『池上の短文から始める現代文読解』

論の構造を把握することが設問の解答につながっていくことを理解できます。各章レベルが3段階に設定されているので着実にレベルアップも可能。

こちらは以前下の記事で紹介されております。

池上の短文からはじめる現代文読解

『現代文基礎読解ドリル』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

現代文読解基礎ドリル (駿台受験シリーズ) [ 池尻俊也 ]
価格:918円(税込、送料無料) (2019/2/9時点)

そもそも文章を読むことを放棄していた…という人にはこちら。

それでは!

==================================

武川晋也——Shinya TAKEGAWA

首都圏、西日本の予備校に出講する現代文講師。また、某塾では最難関高校入試の対策講座を担当している。

文章の情報構造を客観的に把握しつつ、その意味内容の理解に深く斬り込む授業に定評あり。

ラーメンが好き。阪神タイガースはもっと好き。

2月の学習指針(受験生)②

この時期の学習指針を列挙した前回の続きです。
前回の記事はこちら。

2月の学習指針(受験生)①

それでは、少ない時間で小論文の学習をたくさん行う方法についてみていきましょう。

 文章の要約練習を行う

この時期には志望校の過去問を解いている人が多いと思います。そこで取り組んだ問題の文章を要約してみましょう。
小論文入試では要約を求められることがありますし、自分の考えを簡潔にまとめるトレーニングにもなります。また、記述力の養成という意味で国公立大学の入試対策にもなります。

一石三鳥の学習法です。

過去問題集の解説部分に本文要約が載っていることが多いので、これを解答例として自らの答案と比較することでまとめ方のヒントが得られるし自己採点も可能になります。

国語の過去問の文章を課題文に短い小論文を書く

前述した過去問を用いたもう一つのトレーニング法です。

過去問で取り組んだ問題を課題文と考えて小論文を書いてみましょう。字数は100字~200字が目安。

立論・主張・根拠が揃えば小論文の「柱」ができあがります。
そのために必要なのが上記の字数なのです。

この程度の字数であれば書く負担が少なくなります。

また、国語の試験の中に自分の意見を問われる問題が入っている場合も多いのですが、その場合は概ね200字程度の論述が求められます。その意味でも100字~200字でまとめるというのは妥当性があるのです。

再論述の実施

これまでも小論文の演習はしてきたことでしょう。

ところで、ここまで取り組んだ問題の再論述は行っていますか? 添削してもらってアドバイスを読んで、それで終わっていませんか?

せっかくアドバイスを受けたのだから、それを意識して小論文を書くことであなたの技能は高まるはずです。
そこで行ってほしいのが再論述。
一度取り組んだ問題をもう一度書き直しましょう。
一度取り組んだ問題ですから、課題文や資料の読み取りの負荷は減るはずです。その分考えることに時間を割くことができます。

以前書いたときには気づかなかった論点を発見できたり、思考・論述の技能が向上した自分を実感できたりするかもしれません。
いずれにせよ、小論文の技能を高めるために再論述は重要な学習方法です。

最後にーー小論文の学習を「捨てない」

いかがでしたでしょうか。
各自の状況にあわせて活かせる学習方法を実施してください。

繰り返しになりますが、小論文の学習を止めてはいけません。その前提でできることを精いっぱいやる。小論文の学習を「捨てる」ことはしないで最後まであがいてください。

受験生のみなさんの健闘を祈っています。

==================================
根岸大輔——Daisuke NEGISHI[小論文]

現代文・小論文・AO推薦入試対策講師。

基本的な読解スキル・解答スキル・論述スキルをいかにして活用するかを授業の主軸に据えている。同時に大学入試頻出の知識・テーマをわかりやすく説明。その方法論と知識は多くの生徒の信頼を得ている。

2月の学習指針(受験生)①

センター試験も終わり、いよいよ最後の詰めの時期です。
私大入試も始まっています。

この最後の最後の時期だからこそ、
小論文の学習であとひと踏ん張りしたいところです。

小論文は短期で実力がつきにくい科目だと思われるかもしれません。それは確かにその通りなのですが、だからといって小論文の学習を後回しにしてよいわけではありません。
最後の最後までやるべきことをしっかりやっていきましょう。

量的負荷をかける

さて、1月の学習指針でもお伝えしましたが、直前期の小論文学習で重要なことを確認しておきましょう。

直前期の小論文学習指針
① 知識の拡充
② 思考法・発想法の錬磨
③ 量的負荷をかける

①の「知識の拡充」は12月に、

12月の学習指針(受験生)①


②については1月に

1月の学習指針(受験生)


それぞれお伝えしているので、2月には③の「量的負荷をかける」ことについて見ていきましょう。

「この時期に小論文の学習量を増やすなんて無理だよ~」という声が聞こえてきそうです。
確かに他の科目とのバランスを考えると小論文に多くの時間を割くわけにはいきません。

それでも小論文の学習を続けるべき理由が3つあります。

学習を続ける理由①「技能」は使わないと鈍る

例えば鉄棒のさかあがりを考えてみましょう。

小学生の時はできたかもしれません。しかし今さかあがりをしてみよと言われたら、できる自信がありますか?(近所に鉄棒があったら実際にやってみてください)

おそらく最初はうまくいかないはずです。繰り返しているうちにできるようになるかもしれないし、できないかもしれません。
このように、過去にできたことが今ではできなくなっていることはままあります。
したがって技能を「使う」ことが重要なのです。

学習を続ける理由②「書く」行為が思考を活発化する

小論文に限らず、国公立大学の国語と関係する話です。

例えばセンター試験や私大の試験のように選択式の問題では文章を読み取るだけで答えを出すことができます。しかし国公立大学の二次試験で課される記述式問題では単に読み取るだけでなく解答をいかに構成するかに頭を使わなければなりません。

選択式であればなんとなく答えても正解できるかもしれませんが、記述式問題では本文の内容を理解しそれを自力で再構成する必要があります。

多くの受験生が「選択式の方が簡単、記述式の方が難しい」と思っているのではないでしょうか。これらのことは「書く」という行為が否が応でも自らの思考を促すことを示します。

1月にお伝えした思考法を活用するためにも「書く」という行為を止めてはならないのです。

学習を続ける理由③添削してもらえる期間が終わる

多くの人が学校や塾・予備校の先生に小論文の添削をお願いしているでしょう。

先生方は忙しい時間の合間を縫ってあなたの答案を添削してくれています。添削をお願いしてすぐに返却されることはおそらくないはずです。

そう考えると、あなたの答案を添削してもらえる時期はそろそろ終わりを迎えます。実力向上のチャンスの〆切が目の前なのです。その最後のチャンスを活かさねばなりません。

さて、小論文の学習の必要性を理解していただけたでしょうか。
とはいえ、やはり十分な時間を取るのは現実的に難しいでしょう。そこで、次の回では少ない時間で小論文の学習をたくさん行う方法を提案します。

[編注]少ない時間で小論文の学習をたくさん行う方法について解説した次の記事は以下のページへ。

2月の学習指針(受験生)②

==================================
根岸大輔——Daisuke NEGISHI[小論文]

現代文・小論文・AO推薦入試対策講師。

基本的な読解スキル・解答スキル・論述スキルをいかにして活用するかを授業の主軸に据えている。同時に大学入試頻出の知識・テーマをわかりやすく説明。その方法論と知識は多くの生徒の信頼を得ている。

[世界史]文化史を克服する方法

世界史学習において、文化史というのは一つの「鬼門」です。
文化史というと、ひたすら「人物」「作品」などを機械的に覚え込んでいくイメージを持ちやすく、この分野が「大好き」「得点源」という学生はほとんどいません。

教える側からしても、文化史はその力量の差が如実に出てしまう分野といえます。それは普通の通史のように「用意されたセオリーとしての流れ」が存在しないため、ともすれば「事項の羅列」を繰り返してしのぐ羽目になるからです。

政治史と関連づけ、ジャンルごとに時代をつなぐ

「流れ」なきところに「流れ」を見出す。
これが文化史克服の第一歩です。

そのためには、以下の2点を意識しましょう。

①政治史との関連づけ
②ジャンルごとに時代をつなぐ

順に説明します。

①政治史との関連づけ

一般に文化史の学習は政治史(通史)の後に行いますね。
せっかく政治史で歴史の「ストーリー」を頭に入れたのですから、それにうまく文化史事項を紐づけてやれば良いのです。
これはよく耳にするアドバイスだと思いますが、どうも難しく感じる高校生が多いようです。

その場合はまず、文化史に登場する人物が、政治史でいうと「いつ頃に活躍したのか」を書き出してみましょう。

そして通史を学んだプリントやノートにその人物を書き入れていきます。それだけで、人物へのイメージが湧き、文化史への距離はぐっと近くなることでしょう。

上記は高校生が自分一人で取り組みやすい作業です。
もう少し歴史的内容に踏み込んだ高度な関連付けをしたい場合は、学びエイドに提供中の僕の文化史講座や、市販の参考書『タテヨコ総整理 世界史×文化史 集中講義12 新装版』(旺文社)

などを参考にすることをオススメします。

 

②ジャンルごとに時代をつなぐ

文化史学習に関しては、教科書通りの単元の区切りにこだわらない方が良い場合があります。

たとえば、

「17〜18世紀のヨーロッパ文化」
「19世紀の欧米文化」
「20世紀の文化」

という世界史後半における文化史の難所があります。

これらは内容も膨大ですから、
いっそのこと

「文学史」
「絵画史」
「哲学史」

などのようにジャンルを意識しながら時代をワープしていくのも手です。つまり、絵画史ならば17世紀のバロック美術から20世紀の超現実主義まで通しでやってしまうのです。

このやり方のメリットは、とにかく「流れ」が見えやすいこと。あらゆるジャンルを「文化史」という括りで無理やりまとめてしまうから無味乾燥なカタログになってしまうわけで、正しく細分化してつなぎ直せば再び血が通い始めるものなのです。
定期試験のように時代が区切られている場合は難しいかもしれませんが、受験勉強においては通史の学習が一定以上終わった後にまとめて文化史に取り組むことも多いため、上記のやり方は極めて有効です。

センター日本史 最後のひと詰め

センター試験まであと3日。最後の追い込みは順調かな?誰しもが日本史の範囲を完璧に終わらせて受験に臨みたいと思うものだけど,現実的に考えてそれは難しいよね。でも,それはみんな同じだよ。そんな状況の中でも最後の1日,最後の1時間,最後の10分まで貪欲に知識を吸収する。勝負事はあきらめたらアウトだ。ここまでやったのだから悔いはない!と思えるぐらいに残された時間にすべてを賭けられるかが重要だよ。

世紀・年代の整理

さて,センター試験は一般的に基本的な問題中心に出題されると言われている。それは間違いないので,基本用語と基本用語に付いてくるキーワードを中心に復習するべきだよね。

でも,最後にもう一つ頑張れるなら,世紀や年代を整理してみよう。もちろん,最優先すべきは政策や出来事をみて,政権担当者や執権,将軍,内閣が言えること。

「日明貿易の再開」をみて室町幕府の6代将軍足利義教と言えなければ正直戦えない。だからこのような知識が入っているのが前提だけど,足利義教が活躍した世紀と言われてピンとくるかな?
しっかり15世紀であると言えていただろうか。

センター試験では世紀や年代を意識した問題が出題されることがあるので,試験前に整理しておきたいよね。例えば過去にはセンター試験でこのような問題が出題されているよ。

7世紀後半の諸政策について述べた文として正しいものを,次のうちから一つ選べ。[2017年日本史B本試験]①飛鳥の地に,西大寺や大官大寺などの大寺院が建立された。
②最初の全国的な戸籍である庚午年籍がつくられた。
③冠位十二階が制定され,豪族が新たな身分秩序のもとに再編された。
④大王の系譜などを採録する『旧辞』の編さんが開始された。

②が正文。
まずは庚午年籍から天智天皇を導くのは最低条件として,
天智天皇がいつ頃活躍したのかを意識しよう。

もちろん,天智天皇が活躍した前後の重要事項から想像するのもありだね。例えば,663年の白村江の戦い。この当時はまだ中大兄皇子であったので天皇にはなっていなかったけど,白村江の敗戦後,中大兄皇子は天智天皇として即位した。と,分かれば663年のチョイ後に登場してくる人物だと言える。もしくは,672年に起きた壬申の乱が天智天皇の死後に起きた皇位継承争いだと分かっていれば,672年のチョイ前に活躍した人物だと言えるよね。

このように知りたい人物の前後の知識がついていれば時期を特定できるけど,歴史上に出て来る主要人物のすべてを時期特定できるだろうか。

例えば,厩戸王,藤原冬嗣,藤原道長,後白河上皇,北条義時,足利義満…さすがにすべてとなると難しいよね。

そこでこのような整理の方法を提案するよ。

世紀の最初と最後を意識しよう

例えば,9世紀であれば,9世紀の最初と最後を意識する。

9世紀初頭に活躍したのは桓武天皇かな。
805年の徳政相論が有名だよね。(藤原緒嗣が蝦夷討伐と平安京造営の停止を提案)

9世紀の最後の方で覚えているはずなのは,
菅原道真の遣唐使の廃止。
「菅原道真が白紙(894年)に戻した遣唐使」のゴロは聞いたことがあるよね。
さすがに大学入試なので,菅原道真は宇多天皇に遣唐使の廃止を建議したという事実は覚えないとダメだよ。

こうやって,世紀の始まりと終わりを意識すると,
桓武天皇と宇多天皇の間に登場してくる人物や出来事はすべて9世紀であると整理できるんだ。

桓武天皇とよく入試で比較される嵯峨天皇。
嵯峨天皇の時代に蔵人頭に就任した藤原冬嗣。
菅原道真が宇多天皇に重用されるのは藤原基経の死後だから,藤原良房・基経も9世紀と言えるよね。また,藤原冬嗣が関わった薬子の変,良房が関わった承和の変や応天門の変,基経が関わった阿衡の紛議もすべて9世紀の出来事だと整理できるよ。

江戸時代まではこの形で世紀を整理してみよう。
明治時代以降は10年毎のイメージが重要になるよ。
1870年代・1880年代のような形で整理してみてね。

まだまだ3日ある!これからだ!!

==================================
高橋芳武——Yoshitake TAKAHASHI
[日本史]

首都圏の予備校・高校に出講。

日本史学習を暗記だけで終わらせない。歴史のつながりはもちろん,時代や人物のイメージを持たせる授業を展開。

1月の学習指針(非受験生)

たくさんの本を読む

先輩がセンター試験を前にして追い込みに入っている姿を見て、非受験学年の皆さんも気合が入ってくる時期かと思います。
その勢いを借りて、非受験学年から小論文の準備をしっかりしていきましょう。

さて、この時期に小論文でやるべきことは非常にシンプルです。

「たくさんの本を読む」

これにつきます。

まだ入試対策に汲々とする必要のない時期だからこそ、
参考書や問題集にかじりつくことなく、
幅広い教養を身につけることができます。

小論文は(現代文も)この「教養」がものを言う科目です。

ここでいう「教養」とは、断片的な知識ではなく、ある一定の体系性をもった知識群だと考えておいてください。

インターネットを通じて私たちは日々さまざまな情報に触れています。しかしそれらは断片的な情報です。

情報をたくさん持っていること自体はとてもよいことで責められるべきことではありません。しかしインターネットを行き交う情報の最大の弱点は、断片的であるがゆえにどれが重要な知識なのか判断できないところにあります。

この重要性の判断の基礎になるのが、
その知識が組み込まれている「体系」です。

すべての知識・情報は先人の研究・思索の延長線上にあり、自分の目の前にある知識・情報がそれまでの学問的営為のどこに位置づけられるのかがわからなければ、重要性を判断できません。
もし自分がこれまでにない画期的な発想を思いついたとしても、それは先人の考えてきたことと同じであるかもしれません(これを「車輪の再発明」と呼びます)。

そういうことに陥らないためにも、これまでの学問的営為について(少なくてもいいから)知っておく必要があります。
そのための一番手っ取り早い道具が本なのです。

読むべき本の探し方①

ここまでで本を読む重要性を理解してもらえたかと思います。でもどんな本を読めばいいかわからないですよね。

そこで提案したいのが、
皆さんが使っている情報収集ツールです。

最近のインターネット技術では、皆さんの興味関心に合わせて提示する広告を変えることが可能になっています。
つまりインターネット・アプリの広告は
自分の興味関心の「鏡」なのです。

そこでこれを逆に活用し、
自分の興味関心にあわせた情報を確認し、
それに関する本を手に取ってみるという方法が考えられます。

もしゲームばかりしていてゲームの広告が多いぞ、と思ったら、「ゲームの歴史」みたいな本を手に取ります。

たとえば


『ゲーム産業で何が起こったか?
巨大エンターテインメント業界のいま』

もしアイドルが好きでそういう情報ばかり見ているぞ、と思ったら「アイドル文化」みたいな本を手に取ります。

たとえば


『アイドルはどこから 日本文化の深層をえぐる』

……と、こんな具合です。

読むべき本の探し方②

でもどうしたらそういう本が見つかるの?
と思うかもしれませんね。

これはわりと簡単です。

検索サイトで
「○○(自分の興味のある分野) △△(検索キーワード) 本」
で検索してみてください。

重要なのは真ん中の△△に入れるキーワードです。
これを入れないと、
ゲームの攻略本やアイドルの写真集ばかり出てきます。

△△のところに「文化」「産業」「歴史」などのキーワードを入れてみてください。そうするとあなたの好きなものについて(一定程度)専門的・学術的に研究した本が出てきます。

その中でおもしろそうなものを書店や通販サイトで買ったり、図書館で探してみたりします。そういうプロセスで、自分の好きな分野が社会でどのように考察・研究されているかに触れてみましょう。意外な側面が見えてくるかもしれませんよ。そのことでより自分の興味関心が深まっていく可能性もあります。

このようにして
自分の関心分野から体系性のある知にせまることができます。

まずは手に取って、触れてみる。

この経験があなたを知の体系へと近づけてくれます。
自分の興味関心から出発する教養への道。
なかなかおもしろいアプローチだと思いませんか。

==================================
根岸大輔——Daisuke NEGISHI[小論文]

現代文・小論文・AO推薦入試対策講師。

基本的な読解スキル・解答スキル・論述スキルをいかにして活用するかを授業の主軸に据えている。同時に大学入試頻出の知識・テーマをわかりやすく説明。その方法論と知識は多くの生徒の信頼を得ている。

1月の学習指針(受験生)

いよいよ入試直前となりました。
小論文の学習も大切ですが、
まずはセンター試験に集中してください。

センター試験で結果を残すことで、
国公立2次試験に有利になることは間違いありません。
センター試験が終わり志望大学が決まったら、
あらためて小論文対策に時間を割きましょう。

さて、センター試験明け
小論文の学習で重要なことをお伝えしましょう。
大きく分けると3つあります。

① 知識の拡充
② 思考法・発想法の錬磨
③ 量的負荷をかける

①については12月にお伝えしているので
そちらを確認してください。
③については2月の指針でお伝えします。
ここでは②の「思考法・発想法の錬磨」についてお伝えします。

思考法の錬磨

受験生の皆さんは先生に「よく考えろ!」と言われることが多いのではないでしょうか。しかしながら「よく考える」って、どういうことなのでしょうか。それがわからないまま「考える」ことをしても、たいしたことを考えられるはずもありません。

そこで「考え方」つまり「思考法」を学ぶ必要があるのです。
小論文の思考法として重要なのが「批判的思考」つまりクリティカルシンキング(Critical thinking)です。

12月の学習指針②で「批判的読解」についてお伝えしましたが、これの思考バージョンだと思ってください。批判的に考えることで、自分の思考をより深め、説得力のある小論文が書けるようになります。
では、小論文における批判的思考とはどのようなものでしょか。以下で見ていきましょう。

自問自答を繰り返す

クリティカルシンキングにはさまざまな方法があります。ここでそれをすべて挙げていてはキリがありません。

その中で小論文を書くうえで重要なのが
「セルフモニタリング」(Self-monitoring)です。

セルフモニタリングとは、「自分の行動や考えや感情を自分で観察記録すること」(大辞林第三版)。わかりやすく言いかえると「自分の考えたことを自分でチェックすること」です。
これ、文字にすると簡単なことに見えますが、実際にやってみると意外と難しいことなんです。

自分の思考プロセスの間違いや矛盾を自分で発見することは難しいことです(私でもうまくできないことがあります)。
このセルフモニタリングを比較的簡便に行う方法として「自問自答」があります。自分が考えたことについて自分で問い直してみるのです。
例えば以下のような小論文があるとします。

問い
人間にとって「名付ける」とはどのようなものであるか。
あなたの考えを述べなさい。

この問題に対し、

解答例
人間にとって「名付ける」ことは、外界を認識するうえで欠かせないことである。なぜなら人間はものに名前を与えることで世界を理解するからだ。たとえば「イヌ」という音を聞いたとき、私たちは犬の姿をイメージできる。だから人間は想像力を鍛えなければならない。

どうでしょう。
この小論文を読んでどう思いましたか?
いい小論文だと思いました?

これ、実は最悪の小論文です。

それでは、
どのように考えればこのひどさがわかるのか、
検証していきましょう。

  • 2文目冒頭に「なぜなら」とあるが、ここは因果関係として妥当か?
    →1文目「人間にとって『名付ける』ことは外界を認識するうえで欠かせないことである」と2文目「人間はものに名前を与えることで世界を理解する」は同内容なので因果関係とならない
  • 3文目から具体例に入るが、前文の具体例として適切か?
    →2文目「人間はものに名前を与えることで世界を理解する」の具体例として「『イヌ』という音を聞いたとき、私たちは犬の姿をイメージできる」はイメージの話。「世界の認識」の話となっていない
  • 4文目が結論となるが、論題に対する結論になっているか?
    →論題「人間にとって『名付ける』とはどのようなものであるか」について結論が「人間は想像力を鍛えなければならない」となっている。これは論題に対応しない

このように、文同士のつながり、あるいは段落同士のつながり、論題とのつながりについて自分の答案に問いかけてみるのです。そうすると論理展開のおかしさ、矛盾に気づきやすくなります。

もちろんこのセルフモニタリングは一朝一夕でできるようになることではありません。
小論文を書くたびに練習して上達してください。

この「自問自答」「セルフモニタリング」が上手になると、答案をよりよいものに練り上げていく技術が向上します。ぜひ意識して練習してみてくださいね。

==================================
根岸大輔——Daisuke NEGISHI[小論文]

現代文・小論文・AO推薦入試対策講師。

基本的な読解スキル・解答スキル・論述スキルをいかにして活用するかを授業の主軸に据えている。同時に大学入試頻出の知識・テーマをわかりやすく説明。その方法論と知識は多くの生徒の信頼を得ている。