「大学入試」タグアーカイブ

漢文事始め

漢文とは何か

簡単に言えば、中国の昔の文章のことです。日本人の誰もが、古文をすらすら読めるわけではないのと同じで、現在の中国人みんながすらすら読めるわけではありません。

漢文はどうやって勉強するべきか

まずは、学校の授業をきちんと聞きましょう。受験科目の中でも後回しになりやすい科目です。それはある程度仕方のないこと。だからこそ、学校で触れる機会を大切に大切にしてもらいたいんです。

それから、句法についての解説書が学校で配布されている場合が多いでしょうから、授業や教科書などで扱われていた句法については、そちらで確認し、逐一覚えるように努力をしてみましょう。

漢文の語順を知ろう

漢文を書き下し文にし、読みこなしていくためには、日本語との語順の違いを知っておく必要があります。

これも、実は、みなさんの持っている句法の解説書や、教科書で詳しく説明された頁があったりするので、熟読をしてみてください。目次を確認し、「漢文の基本構造」などという題が、最初のほうにありませんか? その部分です。

参考書や教科書によって読み方が違うケースがある

実は、漢文の読み方が本によって違うケースがあって、学ぶみなさんは混乱してしまうことがあるようです。
これは漢字だけの文章を日本語に直す過程で、訓点をつけた人によって差が出てくるために起こることであって、どれが正しいということもありません。みなさんは、学校の授業や教科書を中心にすれば問題はありません。ただ、そういう違いがあるということは知っておきましょう。

最後に 漢文はなぜ国語か

こんな疑問を持った人はいませんか? 私も何度か考えたことがあります。

たとえば、今でも「四面楚歌」や「矛盾」と言った言葉が日本語として使われていますが、その起源は漢文にまでさかのぼることができます。このようなことから、日本文化や日本語の中に漢文の知恵が脈々と受け継がれているのだから、漢文は国語に含まれるのだとか、いろいろな説明があるようです。

実はこのテーマに関わる文章は、現代文の評論文でも入試に出題されたことがあるんです。ですから、上記のような問題意識を持ったあなたは鋭い。もし、よかったら下記の本を読んでみませんか?

漢文脈と近代日本 (角川ソフィア文庫) | 齋藤 希史

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

漢文脈と近代日本 (角川文庫 角川ソフィア文庫) [ 齋藤希史 ]
価格:907円(税込、送料無料) (2019/2/12時点)

漢文の素養 誰が日本文化をつくったのか? (光文社新書) | 加藤徹

==================================

葛西佑也——Yuya KASAI

大手予備校・高校等に出講。

日本古典文学研究と予備校や高校での古典講義を中心に精力的に活動。日本古典文学、中でも中古・中世、歌論、美術史をはじめ、興味関心は多岐にわたる。講義を通して古典に親しみ、その世界観に魅了される生徒は後を絶たない。

[古文]高3になる前に準備しておきたい3つのこと

四月から受験生になる、現高校2年生を主な対象として、この2月3月の時期にどんなことを意識して古文の勉強に取り組んでおくべきかについて、お話をしたいと思います。

必要な3つのことーー古文文法・古文単語・古文常識
・古文文法
・古文単語
・古文常識

 

この三つの知識をきちんと身につけることができていて、はじめて古文を読むための下地ができると言えます。このうち、文法と単語はなるべく早い段階で主要なものを身につけるに限ります。古文常識はある程度読む練習を重ねながら、文章ごとに関わる古文常識を身につけていくとよいでしょう。

このあたりのことについての詳細は、私の別の記事でも触れていますので、ぜひご参照ください。

・古文学習事始(古文単語について)

古文学習事始

・古文文法学習の第一歩

古文文法学習の第一歩

古文文法の学習・参考書

今日はこのうち、古文文法の学習について、具体的な参考書も挙げながら説明をします。まず、古文文法については、いきなりすべてを覚えていくことは難しいですし、苦痛です。忘れる度に調べ、文章を読みながら何度も確認する習慣をつけましょう。単調な暗記の部分もありますが、やはりきちんと理解をしたうえで覚えたら定着度が違うはず。

初歩の初歩から説明してくれており、苦手な人の独習にお勧めなのが以下の参考書。

『望月光の古文教室 古典文法編』旺文社

ただし、こちらだけでは理解の部分は十分であっても、練習量が足りなくなってしまいます。そこで、以下の問題集を利用して、何度も繰り返し問題を解いて練習をしましょう。

『ステップアップノート30古典文法基礎ドリル』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ステップアップノート30 古典文法基礎ドリル 三訂版
価格:756円(税込、送料別) (2019/2/12時点)

なお、上記の文法練習で満足するのではなく、文章題に取り組みながら、何度も調べ説明を読み返すようにしてください。その際には、学校から配られた文法書がリファレンス用としては非常に優れていますし、時には通読も試みてください。大切なのは実際の用例に触れながら、文法を学ぶことと、何度も調べることです。今のうちにその習慣をつけておきましょう。

==================================

葛西佑也——Yuya KASAI

大手予備校・高校等に出講。

日本古典文学研究と予備校や高校での古典講義を中心に精力的に活動。日本古典文学、中でも中古・中世、歌論、美術史をはじめ、興味関心は多岐にわたる。講義を通して古典に親しみ、その世界観に魅了される生徒は後を絶たない。

「したこと」と「していること」 ~大学入学共通テスト 試行調査(プレテスト)について 第2弾~

第2問A 問2について

センター試験を受験した方々は,地学基礎のことは忘れて2次・私大に向けて全力で学習してください。

さて,遅くなりましたが,
第2問A問2について考えていきたいと思います。
問題はこちらから。

リード文と設問は,

リード文

◆観察結果:未固結堆積物の大部分で[ ア ]が観察できた。……
◆考察:観察結果に基づくと,[ イ ]が推論できる。

となっており,

問2[ ア ]・[ イ ]に入れる語句として最も適当なものを,それぞれ次ページの①~④のうちから一つずつ選べ。

選択肢
① 泥,砂,礫がほぼ同時に堆積したこと
② 泥と砂の中に礫が分散して分布していること
③ 礫,砂,泥の順に堆積したこと
④ 泥,砂,礫が層状に分布していること

 

となっています。
①と③,②と④が明らかにグループになることがわかりますね。

これは大学入試共通テストが要求しようと考えている内容を反映しているかと思います。

大学入学共通テストの要求ーー「観察結果」と「考察」

「観察結果」と「考察」は明確に違う概念ですよね。
「見てわかる事柄」と「考えられる事柄」です。

これが当たり前のことだとわかっているのならば何ら問題ありません。

では次の文を考えてみてください。

「A層の上にB層があり,A層とB層は不整合の関係にあるので,A層の堆積した年代とB層の堆積した年代が大きく異なる。」

サンプルとして書いた文章ですので,
細かい表現は気にしないでください…

さて,この文章ですが,順序が逆ですよね。

「A層の上にB層があり,A層の堆積した年代とB層の堆積した年が大きく異なるので,A層とB層は不整合の関係にあると考えられる。」

 
となるはずです。
もちろん,不整合の関係にあれば,年代は異なるのは事実です。しかし,「観測事実」によって
「不整合であることが推定」されるはずなのです。

普段あまり意識していないかもしれませんが,
このような内容が問われたという事実をしっかりと受け止めて頂けたらと思います。

今後は地学基礎だけでなく,
地学についてもコメントを入れていきたいと思います。
それではまた(´・ω・`)

=================================
平野拓哉——Takuya HIRANO

首都圏の予備校・塾で数学・地学を担当。

大学での専門は固体地球科学・信号処理。今後の人生で役に立つ地学(地球科学)がモットー。「覚えること」と「理解すること」を明確に区別し、単なる暗記に留まらない指導を心がけている。

好きな地学用語は「ハビタブルゾーン」

入試直前期の取り組み

直前期が最も伸びる…?

皆さんこんにちは。枡見(マスミ)です。

お久しぶりです。
更新,サボってたわけじゃないんですよ……たぶん。
センター試験が終わり,いよいよここから私大・国公立二次試験と,受験が押し寄せてきますね。ちょうど今日予備校の壁にこんな卒業生からのメッセージが貼ってあるのを見かけました。

「直前期が最も成績が伸びる!!頑張れ!!」

これ,受験生を勇気づけるためでもなんでもなく,
本当にその通りなんですよ。

受験指導者の目線で見て「正直なところ厳しいだろうなぁ…」と思っていた受験生が,予想を覆して合格を勝ち取ってくるという場面は,毎年日本中で見られる光景です。よく指導者は「開花した」とか「覚醒した」とか表現したりします。
ただし,これには条件がいくつかあるように思えます。

覚醒する条件①ーー愚直な努力の積み重ね

1つ目は,これまで愚直に努力を積み重ねてきていること。
知識をストックし,それを問題を解く中で結びつける経験を積んでいることなしには,開花もなにもしようがありません。

覚醒する条件②ーー振り返る

2つ目は,きちんと振り返りをすること。
入試本番,解けなかった問題があったら,
次の大学で出題されたときには確実に解けるようにしよう。
センター試験で解けなかった問題はもう解きなおしましたか?
同じテーマの問題が明日の試験で出るかもしれませんよ?

「お願い…出題しないで…!」と神頼みするよりも,
「もう大丈夫!同じの出てこい!」という状態にした方が良いに決まっているでしょう。

いま君たちにできることは,1つでも解ける問題を増やして,合格する確率を上げることです。

覚醒する条件③ーー途中で投げ出さない

最後に,勝負を途中で投げ出さないこと。

受験シーズンは長い。
過ぎてしまえばあっという間だけど,
戦っている最中はとにかく長くしんどいものです。

でもそれは他の受験生も一緒。我慢比べ。
投げ出したら負けです。

問題が解けずに失敗して落ち込んだり,途中で不合格通知が届いて,心が挫けそうになることもあるかもしれません。
それでも,明日のために今できることをやりましょう。

私大がダメでも国公立で勝てばいいじゃないか。
前期がダメでも後期で勝てばいいじゃないか。

そういう心意気で試験に臨みましょう。
あとは体に気をつけて。

読み終わったら画面を閉じてペンを持ちましょう。
君の受験に幸運を。
==================================
枡見康平——Kohei MASUMI

首都圏の予備校・塾・学内予備校に出講中。

講義ではテキトーそうな雰囲気を醸し出しつつ,「なぜそうなるのか?」を一つ一つ丁寧に積み上げる。ごく稀に化学愛をぶちまける。科学史と甘いものとネコが好き。

センター日本史 最後のひと詰め

センター試験まであと3日。最後の追い込みは順調かな?誰しもが日本史の範囲を完璧に終わらせて受験に臨みたいと思うものだけど,現実的に考えてそれは難しいよね。でも,それはみんな同じだよ。そんな状況の中でも最後の1日,最後の1時間,最後の10分まで貪欲に知識を吸収する。勝負事はあきらめたらアウトだ。ここまでやったのだから悔いはない!と思えるぐらいに残された時間にすべてを賭けられるかが重要だよ。

世紀・年代の整理

さて,センター試験は一般的に基本的な問題中心に出題されると言われている。それは間違いないので,基本用語と基本用語に付いてくるキーワードを中心に復習するべきだよね。

でも,最後にもう一つ頑張れるなら,世紀や年代を整理してみよう。もちろん,最優先すべきは政策や出来事をみて,政権担当者や執権,将軍,内閣が言えること。

「日明貿易の再開」をみて室町幕府の6代将軍足利義教と言えなければ正直戦えない。だからこのような知識が入っているのが前提だけど,足利義教が活躍した世紀と言われてピンとくるかな?
しっかり15世紀であると言えていただろうか。

センター試験では世紀や年代を意識した問題が出題されることがあるので,試験前に整理しておきたいよね。例えば過去にはセンター試験でこのような問題が出題されているよ。

7世紀後半の諸政策について述べた文として正しいものを,次のうちから一つ選べ。[2017年日本史B本試験]①飛鳥の地に,西大寺や大官大寺などの大寺院が建立された。
②最初の全国的な戸籍である庚午年籍がつくられた。
③冠位十二階が制定され,豪族が新たな身分秩序のもとに再編された。
④大王の系譜などを採録する『旧辞』の編さんが開始された。

②が正文。
まずは庚午年籍から天智天皇を導くのは最低条件として,
天智天皇がいつ頃活躍したのかを意識しよう。

もちろん,天智天皇が活躍した前後の重要事項から想像するのもありだね。例えば,663年の白村江の戦い。この当時はまだ中大兄皇子であったので天皇にはなっていなかったけど,白村江の敗戦後,中大兄皇子は天智天皇として即位した。と,分かれば663年のチョイ後に登場してくる人物だと言える。もしくは,672年に起きた壬申の乱が天智天皇の死後に起きた皇位継承争いだと分かっていれば,672年のチョイ前に活躍した人物だと言えるよね。

このように知りたい人物の前後の知識がついていれば時期を特定できるけど,歴史上に出て来る主要人物のすべてを時期特定できるだろうか。

例えば,厩戸王,藤原冬嗣,藤原道長,後白河上皇,北条義時,足利義満…さすがにすべてとなると難しいよね。

そこでこのような整理の方法を提案するよ。

世紀の最初と最後を意識しよう

例えば,9世紀であれば,9世紀の最初と最後を意識する。

9世紀初頭に活躍したのは桓武天皇かな。
805年の徳政相論が有名だよね。(藤原緒嗣が蝦夷討伐と平安京造営の停止を提案)

9世紀の最後の方で覚えているはずなのは,
菅原道真の遣唐使の廃止。
「菅原道真が白紙(894年)に戻した遣唐使」のゴロは聞いたことがあるよね。
さすがに大学入試なので,菅原道真は宇多天皇に遣唐使の廃止を建議したという事実は覚えないとダメだよ。

こうやって,世紀の始まりと終わりを意識すると,
桓武天皇と宇多天皇の間に登場してくる人物や出来事はすべて9世紀であると整理できるんだ。

桓武天皇とよく入試で比較される嵯峨天皇。
嵯峨天皇の時代に蔵人頭に就任した藤原冬嗣。
菅原道真が宇多天皇に重用されるのは藤原基経の死後だから,藤原良房・基経も9世紀と言えるよね。また,藤原冬嗣が関わった薬子の変,良房が関わった承和の変や応天門の変,基経が関わった阿衡の紛議もすべて9世紀の出来事だと整理できるよ。

江戸時代まではこの形で世紀を整理してみよう。
明治時代以降は10年毎のイメージが重要になるよ。
1870年代・1880年代のような形で整理してみてね。

まだまだ3日ある!これからだ!!

==================================
高橋芳武——Yoshitake TAKAHASHI
[日本史]

首都圏の予備校・高校に出講。

日本史学習を暗記だけで終わらせない。歴史のつながりはもちろん,時代や人物のイメージを持たせる授業を展開。