「勉強法」タグアーカイブ

[古文]高3になる前に準備しておきたい3つのこと

四月から受験生になる、現高校2年生を主な対象として、この2月3月の時期にどんなことを意識して古文の勉強に取り組んでおくべきかについて、お話をしたいと思います。

必要な3つのことーー古文文法・古文単語・古文常識
・古文文法
・古文単語
・古文常識

 

この三つの知識をきちんと身につけることができていて、はじめて古文を読むための下地ができると言えます。このうち、文法と単語はなるべく早い段階で主要なものを身につけるに限ります。古文常識はある程度読む練習を重ねながら、文章ごとに関わる古文常識を身につけていくとよいでしょう。

このあたりのことについての詳細は、私の別の記事でも触れていますので、ぜひご参照ください。

・古文学習事始(古文単語について)

古文学習事始

・古文文法学習の第一歩

古文文法学習の第一歩

古文文法の学習・参考書

今日はこのうち、古文文法の学習について、具体的な参考書も挙げながら説明をします。まず、古文文法については、いきなりすべてを覚えていくことは難しいですし、苦痛です。忘れる度に調べ、文章を読みながら何度も確認する習慣をつけましょう。単調な暗記の部分もありますが、やはりきちんと理解をしたうえで覚えたら定着度が違うはず。

初歩の初歩から説明してくれており、苦手な人の独習にお勧めなのが以下の参考書。

『望月光の古文教室 古典文法編』旺文社

ただし、こちらだけでは理解の部分は十分であっても、練習量が足りなくなってしまいます。そこで、以下の問題集を利用して、何度も繰り返し問題を解いて練習をしましょう。

『ステップアップノート30古典文法基礎ドリル』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ステップアップノート30 古典文法基礎ドリル 三訂版
価格:756円(税込、送料別) (2019/2/12時点)

なお、上記の文法練習で満足するのではなく、文章題に取り組みながら、何度も調べ説明を読み返すようにしてください。その際には、学校から配られた文法書がリファレンス用としては非常に優れていますし、時には通読も試みてください。大切なのは実際の用例に触れながら、文法を学ぶことと、何度も調べることです。今のうちにその習慣をつけておきましょう。

==================================

葛西佑也——Yuya KASAI

大手予備校・高校等に出講。

日本古典文学研究と予備校や高校での古典講義を中心に精力的に活動。日本古典文学、中でも中古・中世、歌論、美術史をはじめ、興味関心は多岐にわたる。講義を通して古典に親しみ、その世界観に魅了される生徒は後を絶たない。

[現代文]高3になる前に準備しておきたい3つのこと

センター試験(本試験)から3週間が経ちました。(※2月11日現在)
…ということは,現高2生のみなさんが受験することになるセンター試験(2020年1月18ー19日)まで残り1年を切っているんですよね。はやいですねぇ。

いよいよ迎える本格的な受験生としての1年間を過ごすこととなるにあたり,どのような点に意識を向けていきましょうかね。

新年度までに取り組みたいことは3つ

新年度までに取り組みたいことーー「すでに取り組んでいる」という人も改めて確認したいことーーは3つあります。

・語彙力拡充
・本文読解の基本を確認
・知識の獲得

この3つを意識して勉強しつつ,新年度に向けた基礎を作り上げていきたいところです。

以前,非受験学年の現代文学習について書いたこちらの内容と項目自体はほぼ同じ。

現代文の学習指針①(高1・2生)


もちろん時期によって段階はありますが,現代文の学習ってこれを意識し続けないといけないんですよね。いつでも。

では,それぞれの点について少しずつ掘り下げていきます。

新年度への準備①ーー「頻出語彙」を理解する

強靭な語彙力を持つ受験生とそうでない受験生と,どちらの方が安定した文章読解ができると思いますか?

答えは言うまでもなく,「強靭な語彙力を持つ受験生」です。文章に書かれている内容を理解するためにも,記述解答を書くためにも,やはり言葉というものを知らなくてはなりません。

そのためにも,これから触れる文章の中で出会った言葉をその都度調べながら少しずつ使いこなせる言葉を増やしていくわけですが,この時期にまずはある程度まとめて「頻出語彙」と呼ばれるものと向き合ってみることをお勧めします。

おすすめは,語彙同士の関係性を掴みやすいこちらの参考書。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イラストとネットワーキングで覚える 現代文単語 げんたん
価格:886円(税込、送料別) (2019/2/12時点)

くわしいレビューはこちらから。

イラストとネットワーキングで覚える現代文単語 げんたん

センター日本史 最後のひと詰め

センター試験まであと3日。最後の追い込みは順調かな?誰しもが日本史の範囲を完璧に終わらせて受験に臨みたいと思うものだけど,現実的に考えてそれは難しいよね。でも,それはみんな同じだよ。そんな状況の中でも最後の1日,最後の1時間,最後の10分まで貪欲に知識を吸収する。勝負事はあきらめたらアウトだ。ここまでやったのだから悔いはない!と思えるぐらいに残された時間にすべてを賭けられるかが重要だよ。

世紀・年代の整理

さて,センター試験は一般的に基本的な問題中心に出題されると言われている。それは間違いないので,基本用語と基本用語に付いてくるキーワードを中心に復習するべきだよね。

でも,最後にもう一つ頑張れるなら,世紀や年代を整理してみよう。もちろん,最優先すべきは政策や出来事をみて,政権担当者や執権,将軍,内閣が言えること。

「日明貿易の再開」をみて室町幕府の6代将軍足利義教と言えなければ正直戦えない。だからこのような知識が入っているのが前提だけど,足利義教が活躍した世紀と言われてピンとくるかな?
しっかり15世紀であると言えていただろうか。

センター試験では世紀や年代を意識した問題が出題されることがあるので,試験前に整理しておきたいよね。例えば過去にはセンター試験でこのような問題が出題されているよ。

7世紀後半の諸政策について述べた文として正しいものを,次のうちから一つ選べ。[2017年日本史B本試験]①飛鳥の地に,西大寺や大官大寺などの大寺院が建立された。
②最初の全国的な戸籍である庚午年籍がつくられた。
③冠位十二階が制定され,豪族が新たな身分秩序のもとに再編された。
④大王の系譜などを採録する『旧辞』の編さんが開始された。

②が正文。
まずは庚午年籍から天智天皇を導くのは最低条件として,
天智天皇がいつ頃活躍したのかを意識しよう。

もちろん,天智天皇が活躍した前後の重要事項から想像するのもありだね。例えば,663年の白村江の戦い。この当時はまだ中大兄皇子であったので天皇にはなっていなかったけど,白村江の敗戦後,中大兄皇子は天智天皇として即位した。と,分かれば663年のチョイ後に登場してくる人物だと言える。もしくは,672年に起きた壬申の乱が天智天皇の死後に起きた皇位継承争いだと分かっていれば,672年のチョイ前に活躍した人物だと言えるよね。

このように知りたい人物の前後の知識がついていれば時期を特定できるけど,歴史上に出て来る主要人物のすべてを時期特定できるだろうか。

例えば,厩戸王,藤原冬嗣,藤原道長,後白河上皇,北条義時,足利義満…さすがにすべてとなると難しいよね。

そこでこのような整理の方法を提案するよ。

世紀の最初と最後を意識しよう

例えば,9世紀であれば,9世紀の最初と最後を意識する。

9世紀初頭に活躍したのは桓武天皇かな。
805年の徳政相論が有名だよね。(藤原緒嗣が蝦夷討伐と平安京造営の停止を提案)

9世紀の最後の方で覚えているはずなのは,
菅原道真の遣唐使の廃止。
「菅原道真が白紙(894年)に戻した遣唐使」のゴロは聞いたことがあるよね。
さすがに大学入試なので,菅原道真は宇多天皇に遣唐使の廃止を建議したという事実は覚えないとダメだよ。

こうやって,世紀の始まりと終わりを意識すると,
桓武天皇と宇多天皇の間に登場してくる人物や出来事はすべて9世紀であると整理できるんだ。

桓武天皇とよく入試で比較される嵯峨天皇。
嵯峨天皇の時代に蔵人頭に就任した藤原冬嗣。
菅原道真が宇多天皇に重用されるのは藤原基経の死後だから,藤原良房・基経も9世紀と言えるよね。また,藤原冬嗣が関わった薬子の変,良房が関わった承和の変や応天門の変,基経が関わった阿衡の紛議もすべて9世紀の出来事だと整理できるよ。

江戸時代まではこの形で世紀を整理してみよう。
明治時代以降は10年毎のイメージが重要になるよ。
1870年代・1880年代のような形で整理してみてね。

まだまだ3日ある!これからだ!!

==================================
高橋芳武——Yoshitake TAKAHASHI
[日本史]

首都圏の予備校・高校に出講。

日本史学習を暗記だけで終わらせない。歴史のつながりはもちろん,時代や人物のイメージを持たせる授業を展開。

理由説明を考える

みなさま明けましておめでとうございます。
本年もEducational Loungeをどうぞよろしくお願いいたします。

さて,今回はですね,
新年一発目の記事ということで,
現代文の中でも理由説明問題について考えてみることを通して,「視野を広げていきたいよね」というお話を少ししてみたいと思っております(どうせまた少しじゃないだろうとか言わない。

Case1:雨が降ってきたから。

まずは次の例題を考えてみてください。
「これだけじゃ判断できない」とは言わないお約束。笑

例題1

次の文章を読んで,後の問いに答えなさい。

雨が降ってきた。だから,傘をさした

問:下線部「傘をさした」とあるが,それはなぜか。

いかがでしょうか。
おそらくですが,解答するなら,

雨が降ってきたから。

と答えるのではないでしょうか。
(別の解答も考えられますが,ここでは一旦置いておきます)。

さぁ,今回のような問題で
仮に「雨が降ってきたから」と答える場合,
私たちはどのような思考回路をたどっているのでしょうか。
少し考えてみたいと思います。

過程をたどる①「雨が降ってきたから。」

この場合おそらく,

「直前に『だから』って書いてある!」
「だから,前が理由だ!!!!」

と考えているのではないかと思うのです私は。
で,この考え方自体は別に問題ではないんですね。
たしかに「だから」は,その前に書かれている内容が,「だから」の後ろに続く内容の理由を表す働きを持つわけですし。

それに,以前私が更新した記事でも,
一文に注目せよと言っていたわけで,
傍線部(下線部)を含む一文の中に接続表現があったら注目しておきたいというのは当然のように私の中にもあるわけですよ。

でも,この考え方だけだと少しうまくいかないこともあるんですよね。

Case2:雨が降ってきたから…????

では,続いて以下の例題を考えてみてください。

例題2

次の文章を読んで,後の問いに答えなさい。

雨が降ってきた。だから,傘を捨てた

問:下線部「傘を捨てた」とあるが,それはなぜか。

いかがでしょうか。
先ほどと同様,下線部の直前に「だから」がありますね。
ということはこちらも解答は,

「雨が降ってきたから。」

でOK ……ということにはならなそうだということにはお気づきなのではなかろうかと。

過程をたどる②「雨が降ってきたから…????」

なぜこの解答には違和感を覚えるのでしょう。
ざっくりと言うならば,

「雨が降ってきた」ということと「傘を捨てる」という行為との結びつきが弱いから

ということが言えるでしょう。
もちろん,ここでの「結びつきが弱い」というのが主観的な話だろうと言われればそれまでのことではありますし,実はそれが例題1で少しだけ触れた「別の解答も」に繋がるのですが。

でもまぁ,その件(別の解答)については別の機会に。

さて,本題。
ここではどう考えるべきなのでしょうか。

Case2の捉え方

例題2では,例題1のように単純に「だから」の前を解答にすれば良いというわけではなさそうでした。
とはいえ,我々は文章で表現されている内容から様々なことを読み取っていかなければならないわけです。

したがって,ここで意識しておかなくてはならないことは,「それでも『だから』が使われている」ということ。
何が言いたいかと言うと,

「だから」が用いられている以上,「雨が降ってきた」ことと「傘を捨てた」ことの間には何らかのつながりが想定されている

と考えることができるのではないかということです。
単純にこの二つの文だけを見るとつながりなどないように見えるかもしれませんが,おそらく繋がっているはず。
そのように考えてみると少し視野が広がるでしょう。

たとえば,次のように書かれていたらどうでしょうか。

例題2ー2


私は昔から,雨の日には傘を投げ捨て,とにかく雨に濡れたいと思っていた。
ある日,家まで続く道を歩いていると,急に雨が降ってきた。だから,傘を捨てた

ちょっと無理がある設定かもしれませんが……。笑
でも文章にこう書いてあったとしたら…?

あっ!「私」は昔から雨が降ったら傘を捨てて雨に濡れたいと思っていたのか!だから傘を捨てたのか!!

と把握できるのではなかろうかと。

もちろん,こんなに単純な話ではないことも多いですし,このケースもなぜそれが理由だと判断できるかはまた難しい問題であるわけですが……。
それについてはまた別の機会に(2度目の先送り。

とはいえ,今回皆さんにお伝えしたかったのは,

接続表現はヒントになることが多いけれど,
「接続表現があるから答えはこれ!!!」
などと単純化しすぎたり,
視野を狭めすぎたりすることなく,
視野を広く保ちながら文章を捉えていきたい。

ということでした。

あ,先送りにした問題はいずれ書きます。
きちんと。

それでは,2019年が皆さんにとって良い一年となりますように。

==================================
羽場雅希——Masaki HABA

首都圏の予備校・高校に出講。

誰よりも自身が文章と戯れることを楽しみつつ、受講生の誰もが理解でき、かつ汎用性の高い考え方を提供する授業に定評がある。

現代文の学習指針①(高1・2生)

みなさんこんにちは。羽場です。

最初に言っておきますね。

現代文も適切な指導を受け,適切な方法で,適切な努力を重ねていけば,間違いなく伸びる科目です。

現代文を勉強する意義が感じられない人も,勉強しても成績が上がらないように思っている人もいるとは思いますが,もう一度言いますね。

現代文も……間違いなく伸びる科目です。

現時点ですでに得意だという人は,もう一段高いレベルの安定を目指し,苦手で苦手で……という人は,きちんと方針転換して生まれ変わりましょう。

現代文で求められる力ーー語彙力・読解技術・前提知識

現代文の読解に必要とされる「読解力」って何でしょう。これを最初に定義しなければ始まりません。だって,これから何を意識して勉強していけば良いのかわからないまま進むことになりますからね。

現代文に必要な「読解力」とは,
以下の総合力だと考えております。

① 語  彙  力 :漢字・単語・熟語・故事成語・ことわざ……
② 読解技術:「読み解く」技術・設問を「解く」技術……
③ 前提知識:文章テーマに関する最低限の知識

現代文の成績を伸ばしていくためには,これらの3つを身につけることを意識して学び,復習や演習を通して定着させていくことが重要です。

学んだことを定着させる,前提知識を補う

授業や参考書で勉強をしていたとしても,やはり成績は「ただ何となく学んだ/聞いただけで自然と上がる」というものではないということも意識しておきたいものです。

学んだことをきちんと定着させること,授業で扱うものの前提となる知識を補うことが必要です。したがって,大切なのは

① 学んだ『読み方・考え方』を意識しながら解くこと
② 
本文内容も含めて丁寧な解き直しをすること

です。特に,本文内容の確認は大切。どうしても「苦手なジャンル」というものが生まれてしまいがちです。そのジャンルの文章に慣れる意味も込めて,きちんと本文内容を確認しましょう。

それでは,いよいよ具体的な学習についてお話ししましょう。

読み方・解き方を学ぶ

授業と同じように,ただひたすら文章を読んでひたすら問題を解けばできるようになるわけではありません。
まず「読むときに意識すること」「設問へのアプローチ方法」というものを学習しておきたいものです。

そのために効果的な方法は以下の2つ。

①  (学校/塾/予備校の)授業で学ぶ
②  参考書を使う

もちろん,参考書も学校も予備校等も使わずに成績を上げられる人だっているでしょうし,それはそれでありだと思っています。

とはいえ,そうなれるのはほんの一握りですからね。

地道に勉強していきましょうね。

推奨参考書

先ほどの①については割愛することとして,②のおすすめを紹介して今回はお別れとしましょう。

続きは次回です。

A.現代文が本当に苦手/今から始める人
『船口のゼロから読み解く最強の現代文』(学研プラス)

評論文読解の技法について初歩から丁寧に解説しています。
文章の構造に注目しながら初見の文章を読み解いていくために必要な考え方を、穏やかな語り口と豊富な例を通して解説。
今から現代文の学習を始めるあなたにお勧めです。

 

「現代文はそこまで苦手じゃない!」
「この本はやり終えた!!!」という人は

B.現代文がそこまで苦手ではない人/A.を終えた人

『池上の短文からはじめる現代文読解』(学研プラス)学研プライムゼミ特任講師の池上和裕先生の参考書。
9章に分かれた各章で読解のルールについて丁寧な解説がなされているだけでなく、それぞれの章で扱われる問題「HOP」「STEP」「JUMP」の3段階に分かれているため、無理なく確実に読解の着眼点を養っていくことができるものです。現代文に苦手意識はそれほどない・『船口のゼロから読み解く最強の現代文』を終えた人にお勧めです。

『池上の短文からはじめる現代文読解』(学研プラス)のレビューはこちら。
http://educational-lounge.com/?p=125

==================================
羽場雅希——Masaki HABA

首都圏の予備校・高校に出講。

誰よりも自身が文章と戯れることを楽しみつつ、受講生の誰もが理解でき、かつ汎用性の高い考え方を提供する授業に定評がある。