みなさま明けましておめでとうございます。
本年もEducational Loungeをどうぞよろしくお願いいたします。

さて,今回はですね,
新年一発目の記事ということで,
現代文の中でも理由説明問題について考えてみることを通して,「視野を広げていきたいよね」というお話を少ししてみたいと思っております(どうせまた少しじゃないだろうとか言わない。

Case1:雨が降ってきたから。

まずは次の例題を考えてみてください。
「これだけじゃ判断できない」とは言わないお約束。笑

例題1

次の文章を読んで,後の問いに答えなさい。

雨が降ってきた。だから,傘をさした

問:下線部「傘をさした」とあるが,それはなぜか。

いかがでしょうか。
おそらくですが,解答するなら,

雨が降ってきたから。

と答えるのではないでしょうか。
(別の解答も考えられますが,ここでは一旦置いておきます)。

さぁ,今回のような問題で
仮に「雨が降ってきたから」と答える場合,
私たちはどのような思考回路をたどっているのでしょうか。
少し考えてみたいと思います。

過程をたどる①「雨が降ってきたから。」

この場合おそらく,

「直前に『だから』って書いてある!」
「だから,前が理由だ!!!!」

と考えているのではないかと思うのです私は。
で,この考え方自体は別に問題ではないんですね。
たしかに「だから」は,その前に書かれている内容が,「だから」の後ろに続く内容の理由を表す働きを持つわけですし。

それに,以前私が更新した記事でも,
一文に注目せよと言っていたわけで,
傍線部(下線部)を含む一文の中に接続表現があったら注目しておきたいというのは当然のように私の中にもあるわけですよ。

でも,この考え方だけだと少しうまくいかないこともあるんですよね。

Case2:雨が降ってきたから…????
ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る