12月から意識すべきこと(高1・2)②

推奨図書リスト

以下にお勧めの本をいくつか挙げておきます。
読みやすいものから順に読んでいくとよいでしょう。


池上彰 『憲法はむずかしくない』ちくまプリマー新書
日本国憲法の制定過程や憲法条文の解説、改正をめぐる問題など。条文の解説がわかりやすい。


池上彰 『見えざる手が経済を動かす』ちくまプリマー新書
経済体制や経済学の歴史、市場機構、企業など、経済分野前半を網羅。初学者向け。


池上彰 『そうだったのか現代史パート1・2』集英社文庫
国際政治経済は現代史の知識の有無で大きく変わる。現代史がダメでもこの2冊で劇的に変わる。


池上彰 『そうだったのか日本現代史』集英社文庫
政治経済でも日本の戦後史は必須。日本国憲法、安全保障、政党政治、経済史を深く理解できる。


池上彰『そうだったのかアメリカ』集英社文庫
アメリカの歴史に特化したもの。受験と関係ないものも多く、必要な部分だけ拾い読みするとい。


池上彰『そうだったのか中国』集英社文庫
中国の歴史に特化したもの。受験と関係ないものも多く、必要な部分だけ拾い読みするとい。


池上彰『日銀を知れば経済がわかる』平凡社新書
貨幣や通貨制度、日本銀行の金融政策などを解説。金融分野の多くを網羅できる。


池上彰『世界を変えた10冊の本』 文藝春秋
全てが入試に出るわけではないが、マルクス、ケインズ、フリードマンの著書は、経済で必須。


池上彰『知らないと恥をかく世界の大問題』シリーズ 角川新書
国際政治経済分野を中心にその時々の時事問題を解説。上級者向け。


池上彰『図解 池上彰の経済のニュースが面白いほどわかる本』中経文庫
経済分野を浅く広く。図やイラストも多く読みやすい。とりあえず経済分野という人にお勧め。


池上彰『池上彰のやさしい経済学』シリーズ 日本経済新聞出版社
大学の講義を文字におこしたもの。すらすら読める。経済分野が嫌いな人にお勧め。


池上彰『池上彰の政治の学校』朝日新書
国会、内閣、裁判所、選挙、政党などを解説。政治分野の後半を網羅できる。


池上彰『池上彰のお金の学校』朝日新書
日本銀行と金融政策、株式、保険、税金、年金などを解説。専門用語の解説も多め。


池上彰『池上彰の世界の見方 ドイツとEU 理想と現実のギャップ』小学館
高校の出張授業を文字におこしたもの。EUの歴史と現在の問題を解説。EUを得意分野にできる。


池上彰『池上彰の世界の見方 中東 混迷の本当の理由』小学館
高校の出張授業を文字におこしたもの。中東問題を広く解説。現代史を勉強してからだと効果大。


池上彰『池上彰の学べるニュース』シリーズ 海竜社
テレビ番組の内容を書籍化したもの。目次を見て、自分の読みたい分野があるものを選ぶとよい。


池上彰『14歳からの世界恐慌入門』マガジンハウス
世界恐慌の前後を詳しく解説。この本の後に『14歳からの世界金融危機』を読むと効果大。


池上彰『14歳からの世界金融危機』マガジンハウス
リーマンショックの前後を詳しく解説。薄いので今までに本を読んだことがない人でも読める。


池上彰『池上彰の経済学講義』シリーズ 角川文庫
大学での講義を文字におこしたもの。学生との対話形式での講義なので、考えながら読める。


池上彰『政治のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ』海竜社
社会人向けとされているが、実際は高校生向けの解説本。経済と合せて読むのがよい。


池上彰『経済のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ』海竜社
社会人向けとされているが、実際は高校生向けの解説本。政治と合せて読むのがよい。

==================================
佐藤俊彦——Toshihiko SATOH

首都圏の塾・予備校に出講。

「自習のための授業」がモットー。
自習に必要な教材、課題を提供し、勉強法も具体的に指示する。
「辛いけど言われたことをやったら成績が上がった」と言われるべく教壇に立つ。