[小論文]なぜ小論文が「書けない」のか?—①—

小論文を指導していると必ずこのような相談を受けます。

「小論文が書けないんです」

これを読んでいる皆さんもおそらく同じような悩みを抱えているのではないでしょうか。

それでは、そのお悩みを解決しましょう。
なぜ小論文が書けないのか。
その答えは……

「書くべき内容を考えていないから」です。

このことをもう少し詳しく説明しましょう。

小論文の問題で与えられる字数


大学入試の小論文で与えられる課題では、
どれくらいの字数を要求されるかご存知ですか?

多いものだと2000字程度(AO・推薦入試の志望理由書など)、少ないものだと100字程度(国語の問題の中に意見論述が入っているものなど)と非常に幅広いものです。

しかしながら、一般的な「小論文」の入試問題としては、300字~1000字の範囲に収まっているものが多いようです。

この字数を見て「うわ……多いな……」と思っていませんか?
でもね、冷静に考えてみてください。
小学校で使った作文用紙ってありますよね。
あれが1枚400字です。

そう考えると、短いものは1枚以下、長いものでも2枚半です。

小学校の読書感想文で原稿用紙3枚以上「書かされた」経験を持っている人も多いのではないでしょうか。アレより圧倒的に短いのです。実は小論文の問題で課せられる字数は、意外と少ないのです。

書く前の準備の重要性

ここまで見てきたように、たかだか原稿用紙1,2枚の文章を
「書くことができない」ということはないはずです。400字以上書いたら指が折れる体質の持ち主でもない限り「書けない」ことはあり得ないのです。

それでもやはり書けない。

それは「書く内容」がないからです。
逆に言えば、「書く内容」さえ決まってしまえば小論文を書くことは誰でもできるのです。
したがって小論文を「書けない」人は、書く前に十分に考えて、「書く内容」を明確にしていないということになります。

つまり、書く前の準備が大切なのです。

言われてみればきわめて当たり前のことだと思いませんか?
しかし受験生の多くは「自分は書けない」と思い込んでしまっています。まずはこの思い込みを捨てて、十分に考えることから始めてみましょう。

続きは「なぜ小論文が「書けない」のか?—②—」で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る