11月の学習指針②

ー入試問題演習は意図をもって取り組もうー

自分の弱点を把握したら,その弱点を潰していくのが,効率よく成績を上げるための最大の秘訣だよ。当たり前の話だけど,意外と出来ていない生徒が多い。人は誰しもが苦手な分野より得意な分野をやりたがる生き物だからね。ここは心を鬼にして,苦手な問題に数多くチャレンジしていこう!
そこで一つ提案したいのが,
入試問題演習は毎回意図をもって取り組もうということ。

過去問演習は
【①すべての問題を解く】
【②大問ごとに分けて解く】
【③問題形式ごとに解く】
の3つに分けて考えてみよう。

すべての問題を解く

過去問を解く時に一度にすべての大問を解く意図は二つだよ。

一つは志望大学の傾向を知るため。
これは自分の答えが間違いばかりでもよいから,できるだけ早い時期にやっておこう。どのような形式の問題を大学側が出してくるのかがわからなければ,対策の使用がないからね。(用語を記述させる問題が出題されないのに,漢字を書く練習をするのはナンセンスだよね。)

もう一つは,時間配分を意識するため。
難関国立大はもちろん,私立でも早慶上智大などを中心に試験時間はかなりタイトだよ。GMARCHでも,明治大学の情報コミュニケーション学部のように問題数が異様に多い学部もある。これは事前に解いておかないと気がつけないよね。
また,私立大学でも論述問題が出題される大学は時間配分に注意しよう。論述問題は思った以上に時間がとられるよ。

大問ごとにわけて解く

入試問題の多くは大問ごとに時代が分かれていることが多いよ。(中には時代を跨またいだテーマ史を出題する大学学部もあるけど…)苦手な時代や鍛えたい時代があるなら,その時代を扱っている大問だけを解けばいいんじゃないかな。短い時間で同じ時代の問題に何度も取り組むことで,その時代の知識の抜けや出題のされ方が見えてくるよ。

問題形式ごとに解く

自分に弱い形式があるなら,形式ごとに問題演習にあたるのも一つの手だよ。正誤判定問題を鍛えたいなら,ひたすら正誤判定問題。史料問題を鍛えたいなら,ひたすら史料問題。同じ形式を繰り返した方が,苦手意識を早く克服できるよ。自分の弱点がはっきりしているならこのやり方で攻めてみよう!

ー間違えた問題は1冊のノートにまとめよう・繰り返し解こうー

入試問題演習をしたら,間違えた問題は1冊のノートにまとめておこう。どのような問題をどうして間違えたのか,簡単で良いからポイントを書き出しておく。その時はどの問題か分かるように,大学名や模試名,問題番号などは必ず書いておこうね。よく,一度解いた問題をそのまま放置してしまう生徒がいるけど,それでは演習を取り入れた意味がほとんどなくなってしまう。一番大切なのは,間違えた問題をできるようにすることなんだ。過去問でも模試でも参考書でも間違えた個所には付箋か何かでチェックを入れて,何度も解きなおそう。解きなおしこそ,重要なんだ!

 

ー演習時間は意識して作ろうー

生徒から「日本史の用語のインプットや以前勉強した分野のやり直しが終わらないので演習ができません」という声をよく聞くね。もちろん,ほとんどインプットができていなければ問題は解けないと思うよ。

でも,こう考えているなら考えを改めた方がいい。
「この時代が100%になっていないから,入試問題演習なんてできない」。果たして,その時代が100%になることなんてあるのだろうか…。

断言しよう,残念ながらそれはない!
人間は忘れる生き物だから,どんなに覚えなおしても忘れることは忘れるんだ。もちろん,覚えなおすことは決して悪いことではないけれど,100%になってから演習しようと思っていたら演習に取り組むチャンスは全くなくなっちゃうよ?

だから,こう考えよう。

演習でアウトプットすることが,インプットの確認にもつながる。間違えたところが自分の弱点なんだと。

アウトプットで弱点を探した後にその分野だけインプットしなおせばいいんだ。それでも不安であるならば,1週間に日本史に使える時間をインプットの時間とアウトプットの時間に分けよう。

例えば,1週間に10時間使えるのであれば,6時間はインプット,4時間はアウトプットと指定すればいいと思うよ。

もちろん,君たちの成績状況によって,時間配分は変えていいけど,大切なのはアウトプットの時間も作り出すこと。インプットが終わってから,アウトプットやろうと思ってもきっと手が回らず入試を迎えちゃうよ。毎週日曜日のこの時間はアウトプットに使う!と決めてしまおうね。

==================================
高橋芳武——Yoshitake TAKAHASHI
[日本史]

首都圏の予備校・高校に出講。

日本史学習を暗記だけで終わらせない。歴史のつながりはもちろん,時代や人物のイメージを持たせる授業を展開。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です