現代文の勉強法をはじめの一歩から【現代文が苦手な人の入試現代文対策】

現代文の勉強法がわからないという声は、受講生から毎年多く寄せられます。今回は、主に高1・高2生のみなさんに向けて現代文学習の基本的かつ重要な考え方を、新年度が始まるまでの間にやっておきたいことも含めて解説していきます。

少し長めですがその分詳しく解説していますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

現代文の基本的な勉強法は語彙力と読解法から

現代文が苦手だ、安定しない、嫌いだという人にとっては「またそんな話か…」と思うかもしれませんが、結局のところ現代文学習の基本はこれに尽きます。
いろいろなところで言われていることですし、手っ取り早い解決策を探している人にとっては「そんな話は聞きたくない」という人も多いかもしれませんが、少しだけ考え方を変えてみましょう。

現代文が苦手だと感じる最大の理由は大前提が抜けているから

現代文が苦手だと感じる最大の原因は、語彙力や「読む」ということに対する考え方など、大前提が抜けているからだと私は考えています。
以前、武川先生が「デノテーション」と「コノテーション」についてのこんな記事を書いてくれました。

この武川先生の記事の中にもあるように、「字面でしか文章が追えていない」状態では、問題など解けるはずがありません。
文章を「読む」と言っても、ただ文字を追いかけ続ける、文字の上を視線が動くだけで「読む」ことができているとは言えないわけです。
「読む」ための大前提になるのが、次の二つ。まずは意識から変えていきましょう。
① 文章を「読む」イメージをつかむ
② 文章を「読む」ために必要な力をつける
現代文が苦手だと感じている人はこの辺りが抜けているように感じています。

現代文の勉強法(基礎編)①——文章を「読む」イメージをつかむ

現代文が苦手だと感じている人は、まず文章を「読む」イメージをつかむところから始めましょう。要は意識改革です。
基本的に、入試現代文で文章を「読む」ことに関して求められているのは「文章に書かれている内容を適切に理解できる力」だと言って良いでしょう。そしてこの「適切に理解」というのがポイントです。
ただ文字を見るだけではダメなんですよね。

何をそんな当たり前のことを…!

と思うかもしれませんが、これを意識しているかどうかは後々大きな差を生みます。
難しいと感じる文章になればなるほど、「理解する」ことを忘れてただ必死に文字を追いかけるだけになってしまいがちなもの。「(今は難しくても最終的には)文章を理解するんだという意識で読んでいくことを常に頭の片隅に置いておきましょう。

現代文の勉強法(基礎編)②——「読む」ために必要な力をつける

ここからは、現代文の具体的な勉強法を紹介していきましょう。
しつこいようですが、上の[現代文の勉強法(基礎編)①]で書いたことを徹底的に意識しながら取り組んでくださいね。

「読む」ために必要な力をつける①——読解法を学ぶ

現代文では文章を理解することを目指したいとは言っても、ただ沢山の文章を読んでいくだけではなかなか理解できるようにはなりません。
特に、現代文に苦手意識を持っている人が「読み方」を学ぶことなくいきなり問題集を解きまくるのはおすすめしません。
問題集に取り組んでいく前にまずはある程度のポイントを意識しながら読んでいく、つまり「適切な読み方」を身につける必要があります。

「適切な読み方」を身につける方法

「適切な読み方」を身につける方法は

①予備校や学校の授業で学ぶ
②映像授業を活用する
③参考書で学ぶ

あたりが考えられるでしょう。
今回は①と②については詳しく語りませんが、これらの授業が活用できる環境にある人は、ぜひそれを活用し、その先生の指示を仰いでみてください。
ここでは、③の「参考書を使う」場合のお話をします。

参考書を使って「適切な読み方」を身につける

参考書で学習していくためにはまずなによりも「良質な参考書」を選ぶところからがスタートです。

現代文に苦手意識を持っている人や今から現代文の学習を始める人にはこちらがおすすめです。

この船口先生の『船口のゼロから読み解く最強の現代文』は文章の構造に注目しながら初見の文章を読み解いていくために必要な考え方を、穏やかな語り口と豊富な例を通して解説しており、最初の一歩を踏み出すには最適でしょう。

一方で、「現代文はそこまで苦手じゃない」あるいは「この本はやり終えた」という人は

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

池上の 短文からはじめる 現代文読解
価格:1188円(税込、送料別) (2019/4/19時点)

『池上の短文からはじめる現代文読解』(学研プラス)のレビューはこちら。

9章に分かれた各章で読解のルールについて丁寧な解説がなされているだけでなく、それぞれの章で扱われる問題「HOP」「STEP」「JUMP」の3段階に分かれているため、無理なく確実に読解の着眼点を養っていくことができるものです。現代文に苦手意識はそれほどない・『船口のゼロから読み解く最強の現代文』を終えた人にお勧めです。

「読む」ために必要な力をつける②——語彙力を強化する

文章の中で使われている言葉の意味を理解していなければ、文章の内容を正しく理解することはできません。そして、とくに評論文で使われている語句の中には、日常生活の中ではほとんど目にしないような言葉も多く含まれています。これらの言葉は意識して習得していかなければなかなか習得する機会もないといえるでしょう。

語彙力を強化するために取り組むべき勉強方法は

①参考書で学ぶ
②辞書の活用

の二つです。

語彙力を強化する方法①――参考書で学ぶ

評論文や小説文の中でよく出てくる「頻出語」の中には、日常生活でほとんど目にする機会のないものも多く含まれています。これらの単語を効率よく学んでいくためには、頻出語句をまとめて扱っている参考書を用いるのが効果的です。

いわゆるキーワード集ですね。

市販されているキーワード集は数多くありますが、お勧めするのは以下の三冊。相性の良いものを選んでみるとよいでしょう。

①イラストとネットワーキングで覚える 現代文単語 げんたん(いいずな書店)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イラストとネットワーキングで覚える 現代文単語 げんたん
価格:886円(税込、送料別) (2019/2/12時点)

くわしいレビューはこちらから。

個人的に最もおすすめは,語彙同士の関係性を掴みやすいこちらの参考書。

書名の通り、ネットワーキングを通じて単語の関連性を意識した学習ができます。

②現代文キーワード読解改訂版(Z会出版)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

現代文キーワード読解改訂版 [ Z会出版編集部 ]
価格:990円(税込、送料無料) (2020/2/8時点)

頻出語彙を頻出のテーマとともに学んでいく一冊。

③ことばはちからダ!現代文キーワード 入試現代文最重要キーワード20(河合塾series)

現代文の中で最も重要だと考えられる語彙のみに焦点を当てたい方はこちらが良いでしょう。この1冊を仕上げて、あとは文章の中で出会った言葉を丁寧に確認していくイメージです。

語彙力を強化する方法②――辞書を活用する

では、キーワード集だけで語彙力強化は可能かと言うと、残念ながら答えはNOです。

収録されていない語が登場することは沢山ありますし、そもそも知っている語/知らない語は人によって差があります。

さらには、設問で「すぐれて」という語の意味を説明させるなど、「普段使うけれど説明しろと言われると怪しい」語を説明させる問題が出題されることもあります。

こうした問題に対応していくためにも、知らない語句や理解があやふやな語句に出会うたびに辞書で確認するという作業が欠かせません。

実は以前、こんなツイートをしました。


この結果を見る限り、かなりの数の方が辞書を引いているようです。この記事を読んでくださっている皆さんも、普段から辞書を引いているという方はぜひ今後も辞書を続けてください。

普段あまり辞書を引いていないという人は、これを機に辞書を引く習慣をつけていくと良いでしょう。

以前掲載した以下の記事も参考になるかと思いますので、併せてご覧ください。

上の「辞書を活用するために」の記事で詳しく解説していますが、辞書を引く際のポイントは、

気になったらすぐに引く

ということ。自分なりに少し考えてみることは必要でしょうが、それでもやはり気になったら必ず辞書を引くということをあ心がけてみましょう。

語句の学習には理解と例文の確認が欠かせない

最後に、参考書を使う場合でも辞書を使う場合でもかならず意識しておきたいことを述べておきます。

それは、「理解」と「例文」が欠かせないということです。

たとえば、「逆説」という語を確認してみたときに

一見真理に反するようだが、よく考えてみると真理であること

という説明があったとします。

この説明を読んで、「あー、『急がば回れ』みたいなやつか!」と理解できれば問題ないですが、そうでない場合は少し冷静に考えてみる、他の辞書も引いてみる、他の手段を使って調べてみるなど、その言葉を自分の中できちんと「理解」できるまで調べてみる必要があります。

また、言葉は通常「文章の中」で使われるものです。どのような使われ方をするのか、実際の例文を通して学習しておくことで、通常使われる用法も確認できますし、自分で文章を書く際にも役立ちます。

おわりに――現代文は伸ばせる科目である

現代文はコスパが悪い、現代文は勉強しても無駄だ、そんな意見を目にすることもありますが、きちんと丁寧に学習していけば十分に伸ばせる科目です。
今は苦手だとしても、不安だとしても、着実に学習を積み重ねていってほしいと願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 3月 02日
コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る