『LIBERA塾長』のこうして数学できるようになったのよ〜①小学生編

こんにちは^^
難関大学受験LIBERA塾長であり、
アオイゼミ・最難関大学受験塾IRL・城南予備校数学科講師の山﨑です。

キミは数学が得意ですか?それとも苦手ですか?
得意な人にはちょっと関係ない話かも^^;
数学が苦手な人にはちょっとだけ勇気がでるかも?(笑)といったお話です。
それかほっとするかもですかね(笑)
まあどちらにしても楽しんでもらえる話だと思います^^

算数・数学で挫折を繰り返した少年時代


少しばかり昔話をしたいと思います。
数学の講師を十数年しておりますが、実に【算数・数学】がとてもとても苦手な子でした。
この話をすると誰も信じてくれませんが、本当です。
どのくらい苦手かというと、問題集の一問目から解けないくらい苦手でした。

さて、そんな【算数・数学】が苦手な『しんたろー少年』が(私、名前を慎太郎といいます)、どうやってその苦手な算数・数学を克服し、今では数学講師をやっているのか?

まずお伝えしておかなければならないのは、【算数・数学】の挫折ポイントが少なくとも4,5回はあったということです。

最初の挫折――別メニューを与えられた「ひき算」

まず記念すべき第1回目は『小学校1年生』のときです。
早いですよね(笑)

たし算・ひき算でつまずきました。特にひき算。意味不明でした。

今でも覚えているのが、2学期自分だけ別メニュー。
みんなが二けたの足し算引き算をやっている中、

5-2=?
9-4=?

なんてことをやっていたのを覚えています。学校から電話もあったそうです。

 

しんたろうくんは、他の子より(だいぶ)出来ていないので、夏休みの間にお母さんが問題を作って練習をさせてください。

 
 

えっ…、そうなんですか…

 

という電話があったそうです。今では笑い話になってはいますが、
当時は深刻だったそうです。
しかも、このころの『しんたろー少年』の深刻さは他にもありました。

★まず遅刻グセあり
★宿題をやっていかない

宿題をやっていかないせいで、クラス全員の前で一人立たされ、先生にブチ切れられる…そんなかわいいかわいい小学校1年生でした。
いつも担任の先生に「なんでお前はやってこないんだ!!!」と吊るし上げられ、泣いていたのを覚えています。

二度目の挫折――九九で直面した「七の壁」


続いて第2回目です。これは『小学2年生』のときでした。

九九をやるわけですが、七の段から進めないのです。

当時のしんたろー少年にはこの【七の壁】はあまりにも高く全くもって歯が立ちません。覚えればよいはずなのに何故か覚えられないのです。

そして、業を煮やしたのかここで満を持してパパ上の登場です。

ちなみに私のパパ上は『海上自衛官』でした。そもそも厳格?なタイプであり、完全に武闘派。小さい頃から何かしたときにはまず張り手が飛んできてましたね(笑)。

そんなパパ上が、私を見て「こいつはヤバい」と思ったのでしょうね。

そうです【第一次地獄の特訓】が始まります。
私がわからなくて手がとまっていると、

 

何でこんなのもわからんのだ!

 
 

どうしてそうなるんだ!

 
 

この馬鹿もんがぁーーー

 

しまいにゃ恒例の張り手です。まあげんこつもありましたね(笑)

とりあえずわんわん泣きながらやった記憶しかありません。もう本当に嫌でした。その結果できるようになったかはもはや謎です。できるようになった覚えは残念ながら…。

その後は特に何もなくというか記憶にないくらいスルーっと時が過ぎていきました。何とかごまかしつつ乗り切ったのでしょう(しんたろー少年は社会だけは得意だったので、いつも100点の答案を見せて両親を安心させていたのかもしれません)。

そして、中学に上がり1年2年と何事もなく過ぎて…いや、勝手に過ぎていってしまいました。
これから起こるであろう大砂嵐に、しんたろー少年は全く気付いていません。
そして実はここが大きな山場であり、数学ができるようになった一つのターニングポイントでした。

では、また次回お会いしましょう。


記事一覧
第1回 『LIBERA塾長』のこうして数学できるようになったのよ〜①小学生編
第2回 『LIBERA塾長』のこうして数学できるようになったのよ〜②転機
第3回 『LIBERA塾長』のこうして数学できるようになったのよ〜③学んだこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る