[現代文]11月の学習指針(受験生)

受験生としての11月というこの時期の現代文学習の柱は,

①過去問演習
②読解技法の確認
③知識事項の確認

の3つに集約されるでしょう。それぞれもう少し詳しく見てみたいと思います。

取り組みたい学習①「過去問演習」

学習の中心を過去問演習へと切り替えていきたいところ。
その際,第1志望大とその他受験校の過去問をバランスよく織り交ぜていくこと、そして翌日にもう一度同じ問題を解き直すことがポイントでしょう。
たとえば,

第1志望→(解き直し・復習)→第1志望→(解き直し・復習)→その他→(解き直し・復習)…

のように。

「第1志望だけじゃダメなの?」 と思うかもしれませんが,バランスよく織り交ぜていくことで大学の傾向や癖というものに過剰に囚われず,より広い視野が保てること,直前に慌てる必要がなくなることなどから,特に複数校の受験校を考えている人はバランス良く取り組んでいきたいものです。
長くなりすぎる予感しかしないので,過去問演習については改めて別記事でも詳しく紹介してみようと思います。続報を待てということで…。

取り組みたい学習②「読解法の確認」

この時期までにある程度「読み方」「解き方」の型は押さえておきたいものの,いざ過去問演習をしてみると「案外読めていない」「アプローチの仕方がわからない」という壁にぶつかることもあるでしょう。
あるいは、特定のテーマにまつわる文章はどうしても苦手意識があるという場合も考えられます。受験生時代の私もそうでした。そんな壁を一体どう打破すれば良いのか…。これを打破できるか否かは当日運頼みになることを避ける上で非常に重要です。

A.読解の仕方が不安定な人にオススメの参考書

ベストセラー参考書,『きめる!センター現代文』でもおなじみの船口明先生が現代文,特に評論文読解の技法について初歩から丁寧に解説しています。
文章の構造に注目しながら初見の文章を読み解いていくために必要な考え方を,穏やかな語り口と豊富な例を通して解説。

「評論文読解の基礎をもう一度最初から理解しておきたい」「評論文の得点を安定させたい」という願いを持つ受験生や
「『対比』ってよく聞くけど何なの?」「どんなところに注目すれば良いのかわからない」という悩みを持つ受験生は今すぐ取り組んでおきたい参考書です。

こちらも,センター試験対策の定番教材『センター試験 国語[現代文]の点数が面白いほどとれる本』(通称黄色本)の著者としても知られる,学研プライムゼミ特任講師の池上和裕先生の参考書。
9章に分かれた各章で読解のルールについて丁寧な解説がなされているだけでなく,それぞれの章で扱われる問題は

「HOP」「STEP」「JUMP」

の3段階に分かれているため,無理なく確実に,読解の着眼点を養っていくことができるものです。
[詳しいレビューはこちら]

 

現代文読解に対する苦手意識が強い場合は①→②の順に取り組むと良いと思いますし,ある程度は大丈夫だとは思うものの…という人は②から始めても良いかもしれません。

いずれにせよ,
きちんとした「考え方」「読み方」
このタイミングでもう一度
確認しておきたいところです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 11月 26日
  2. 2018年 11月 26日
コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る