さて今回は、効果的な世界史の授業の受け方についてです。

「授業を受けるプロ」になる

いわゆる「授業」というものを受けるようになって10年ほどが経過したという方が多いでしょう。

ということは本来、「授業を受けるプロ」になっていてもおかしくないのですが、そのような生徒は極めて少ないものです。
結局のところ、誰も「授業の受け方」を学んだ経験がないため、それぞれが我流でやみくもに取り組んでいるのが実情でしょう。

学校や予備校の先生が「授業をするプロ」ならば、
学生は「授業を受けるプロ」である。

 

そのような気概を持って毎回の授業に臨みたいですね。教室がプロ同士の真剣勝負の場となれば、先生も生徒も幸せになれます。

さて、それでは世界史に関して授業の受け方のポイントを以下に述べてみます。

予習について①ーー人によっては予習が必要


世界史の場合、一般に予習を推奨する先生は多くありません。

あらかじめ自宅で問題を解いておく演習型の授業は別ですが、通史の導入の場合は授業に出席して内容を「理解」して、復習に時間を割いてほしいという意図の表れだと思います。

個人的にもそれで良いと思うのですが、「世界史が特に苦手」「世界史がどうも好きになれない」という場合はむしろ簡単な予習をすすめます。

 

予習が必要なタイプ
①世界史が特に苦手な人
②世界史がどうも好きになれない人

 

予習について②ーー教科書に目を通す

5分でも10分でも良いので、その日の授業で扱う単元の教科書に目を通しておくのです。

その際、意識してほしいことは、「前回の授業とのつながり」「世界史全体における位置付け」です。後者は難しく感じるかもしれませんが、目次とにらめっこするだけでも違います。

こうした作業をしておくだけで、頭の中に「羅針盤」を持つことができ、授業中の集中力が増します。授業で眠くなる理由の一つは「つながり」や「位置」が分からず、常に空中戦を強いられることによる疲労ですから。

 

POINT
「前回の授業とのつながり」と「世界史全体における位置付け」を意識しながら教科書に目を通す。まずは目次とにらめっこするだけでもOK。

 

授業中の行動ーー授業を再現できるようなメモを取る


これはもう「メモを取る」ことに尽きます。社会科の授業全般に言えることですが、手を動かさないから頭が働かず、果てには睡魔に襲われるわけです。

ではどんなことをメモしたら良いのでしょうか。

コツは、自宅で復習する際に「授業を再現できるような」メモを取ることです。授業の再現性につながるなら、なんでもメモを取りましょう。
具体的には、

・歴史の因果関係
・用語の概念
・雑談風に話された歴史エピソード
・先生の放った寒いギャグ
・自分が疑問に思った箇所

などです。

世界史を得意にして成績を伸ばす生徒は例外なくメモ魔です。プリントやノート類をメモで真っ黒にすることに快楽を覚えるような「プロ」に是非なってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る