[現代文]高3になる前に準備しておきたい3つのこと

センター試験(本試験)から3週間が経ちました。(※2月11日現在)
…ということは,現高2生のみなさんが受験することになるセンター試験(2020年1月18ー19日)まで残り1年を切っているんですよね。はやいですねぇ。

いよいよ迎える本格的な受験生としての1年間を過ごすこととなるにあたり,どのような点に意識を向けていきましょうかね。

新年度までに取り組みたいことは3つ

新年度までに取り組みたいことーー「すでに取り組んでいる」という人も改めて確認したいことーーは3つあります。

・語彙力拡充
・本文読解の基本を確認
・知識の獲得

この3つを意識して勉強しつつ,新年度に向けた基礎を作り上げていきたいところです。

以前,非受験学年の現代文学習について書いたこちらの内容と項目自体はほぼ同じ。

現代文の学習指針①(高1・2生)


もちろん時期によって段階はありますが,現代文の学習ってこれを意識し続けないといけないんですよね。いつでも。

では,それぞれの点について少しずつ掘り下げていきます。

新年度への準備①ーー「頻出語彙」を理解する

強靭な語彙力を持つ受験生とそうでない受験生と,どちらの方が安定した文章読解ができると思いますか?

答えは言うまでもなく,「強靭な語彙力を持つ受験生」です。文章に書かれている内容を理解するためにも,記述解答を書くためにも,やはり言葉というものを知らなくてはなりません。

そのためにも,これから触れる文章の中で出会った言葉をその都度調べながら少しずつ使いこなせる言葉を増やしていくわけですが,この時期にまずはある程度まとめて「頻出語彙」と呼ばれるものと向き合ってみることをお勧めします。

おすすめは,語彙同士の関係性を掴みやすいこちらの参考書。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イラストとネットワーキングで覚える 現代文単語 げんたん
価格:886円(税込、送料別) (2019/2/12時点)

くわしいレビューはこちらから。

イラストとネットワーキングで覚える現代文単語 げんたん