受験生諸賢に捧ぐ戯言たち

早いもので私大入試も本格化してから随分と立ち,
国公立もあと数週間というところまで迫ってきました。
受験生の皆さんはいろんな思いを巡らせていることでしょう。

それぞれの不安と孤独

高卒生の中には,昨年の入試のことを思い出して不安で仕方ない人もいるでしょう。一方で現役生の中には,初めて経験する大学入試に呑まれてしまっている感覚を抱いている人もいるかもしれません。

本命の大学を前に受験した大学の結果が思わしくなく,どうしようもない不安に襲われている人も,迷いに迷いながら出願大学を決めた人もいるでしょう。

周囲から大学進学を反対され,あるいは様々な事情から,想像を絶する逆境の中での挑戦を強いられている人だって少なくないのではないかと思います。

いずれにせよ,言いたいことはただ一つ。

最後まで自分の可能性を信じてほしい。

暑苦しいとかキレイゴトだとか偽善者ぶるなとか,
まぁいろんな反応は予想できなくもないですが,
それでもやっぱり言っておきたいのです。

「決断」の価値

去年の結果を受けて再挑戦を決意した人,今年初めて受験に臨む人,第一志望に挑戦する人,受験校を迷った末に変えた人,それぞれいろんな背景があって今の場所にいる。
背負っている物だって人それぞれ違うでしょう。

でもきっと全員に共通して言えることは,

「そこを受ける(/受けない)と決断した」

ということ。
最終的に決断したということは,
それだけで十分誇れることだと僕は思います。

それが望み通りの選択であれ,苦渋の決断であれ。

他人には「無謀だ」と言われるかもしれない。
周りには「逃げだ」と言われるかもしれない。

それでもあなたは決断した。
何よりもその事実が尊く美しい。

周りに何と言われようとも,そこがあなたの第一志望なら決して卑屈になることなく,あとはそれを自らの手で掴めるように。
あるいは自分の決断を後悔していると感じるのなら,将来「あの選択をしてよかった」と思えるように日々を充実させていくだけです。

本当に大切なのはここからなんです。