[文学解説]野上弥生子作品論

野上弥生子は、二十二歳のときに夏目漱石に紹介されて、処女作『縁』を『ホトトギス』に発表した。その際、夏目漱石が高浜虚子に「明治の才媛が未だ嘗て描き出し得なかったうれしい情趣」をあらわしたと最大の賛辞を惜しまなかった。その賛辞の理由は、彼女の作品の随所に見られる漱石譲りの写生文体であった。写生文の的確な対象把握と、感情に溺れることのない理性的な筆致ゆえの「情趣」であった。野上弥生子のこの詠嘆を抑えた冷徹な知的観察力によって、今テーマの二作、「大石良雄」と「笛」も的確に描かれている。

両作品のモデルたち

この両作には共通点がある。
それは、岩波文庫版に掲載されている加賀乙彦氏の解説によると、両作ともにモデルとする話や人がいたという点である。『大石良雄』は星野日子四郎氏から「赤穂浪士の復讐の裏面」を聞いたことから創作のきっかけになったのである。
一方『笛』は、長年野上家で働き、息子たちの生育にもかかわったNというお手伝いさんが主人公の「つね」のモデルなったのである。ここに野上弥生子の「写生文」の本領が発揮されていると言えるのである。夏目漱石に学んだものは、写生文に根拠を置くリアリズムとともに、当時の自然主義文学とは違い、ただ取材したものを再現するのではなく、そこに作者独特の倫理観と人生観に基づく人物像に特徴がある。

「大石良雄」の人物像――「忠義の人」像の否定

『大石良雄』では、まず、巷間の常識となった「忠義の人」像の否定である。つまり、四十七士の首領として思慮深く計画を練り、世間を欺くために放蕩を繰り返しつつも、執念深く、しかも周到に本懐を遂げた英雄像の虚偽を暴露して見せたのである。野上弥生子の生きた時代にも、未だに通底していた伝統的な武士社会の論理を、男社会にしか通じない美談として冷静に否定したのである。
有名な「大石内蔵之助」ではなく、実名の「大石良雄」と題名をつけ、敵討ちよりも隠棲する山科の四季を彩る自然にむしろ愛着を感じる温和な人間像が描かれる。その彼がいかにして敵討ちの首領へと「追い込まれ」ていくのかが巧みな心理描写で描かれる。

作品前半で「内蔵之助」は敵討ちの連判状に名を連ねる人々を冷静に三つに分類している。

「第一は飽くまで忠義心でかたまった人々」
「第二ははじめから復讐の決心はないのであるが、その実行までには多分大学の一身が有利に解決するであろうから、その時除け者にされまいとして加わった人々」
「第三は単なる忠義心というよりは復讐そのものに伝統的な美と憧憬を感じ、この機会に自分たちの手でそれを実行することによって、無為安逸な泰平の惰眠を驚かしてやろうという、冒険的な熱情から出発した人々」

である。
これらいずれの組にも内蔵之助は入る場所がなく、むしろ、忠義や義務、責任という激しい響きを持つことばと一切関係なく、「空虚な、何んにも背負わされない気持で、あの向うの山でものんきに眺めていたかった」、「ひたすらに安易な束縛のない生活が送りたかった」のである。この内蔵之助の内面暴露の場面が早々にあることで、ここ以降は、第二分類の「自重派」である叔父の「小山源五左衛門」と、第三分類の「急進派」である「江戸の過激な復讐論者である堀部安兵衛」との間で葛藤する内蔵之助の内面が明確化している。