カテゴリー:作品紹介

  • [文学解説]野上弥生子作品論

    野上弥生子は、二十二歳のときに夏目漱石に紹介されて、処女作『縁』を『ホトトギス』に発表した。その際、夏目漱石が高浜虚子に「明治の才媛が未だ嘗て描き出し得なかったうれしい情趣」をあらわしたと最大の賛辞を惜しまなかった。その…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る