「大学入学共通テスト」カテゴリーアーカイブ

「したこと」と「していること」 ~大学入学共通テスト 試行調査(プレテスト)について 第2弾~

第2問A 問2について

センター試験を受験した方々は,地学基礎のことは忘れて2次・私大に向けて全力で学習してください。

さて,遅くなりましたが,
第2問A問2について考えていきたいと思います。
問題はこちらから。

リード文と設問は,

リード文

◆観察結果:未固結堆積物の大部分で[ ア ]が観察できた。……
◆考察:観察結果に基づくと,[ イ ]が推論できる。

となっており,

問2[ ア ]・[ イ ]に入れる語句として最も適当なものを,それぞれ次ページの①~④のうちから一つずつ選べ。

選択肢
① 泥,砂,礫がほぼ同時に堆積したこと
② 泥と砂の中に礫が分散して分布していること
③ 礫,砂,泥の順に堆積したこと
④ 泥,砂,礫が層状に分布していること

 

となっています。
①と③,②と④が明らかにグループになることがわかりますね。

これは大学入試共通テストが要求しようと考えている内容を反映しているかと思います。

大学入学共通テストの要求ーー「観察結果」と「考察」

「観察結果」と「考察」は明確に違う概念ですよね。
「見てわかる事柄」と「考えられる事柄」です。

これが当たり前のことだとわかっているのならば何ら問題ありません。

では次の文を考えてみてください。

「A層の上にB層があり,A層とB層は不整合の関係にあるので,A層の堆積した年代とB層の堆積した年代が大きく異なる。」

サンプルとして書いた文章ですので,
細かい表現は気にしないでください…

さて,この文章ですが,順序が逆ですよね。

「A層の上にB層があり,A層の堆積した年代とB層の堆積した年が大きく異なるので,A層とB層は不整合の関係にあると考えられる。」

 
となるはずです。
もちろん,不整合の関係にあれば,年代は異なるのは事実です。しかし,「観測事実」によって
「不整合であることが推定」されるはずなのです。

普段あまり意識していないかもしれませんが,
このような内容が問われたという事実をしっかりと受け止めて頂けたらと思います。

今後は地学基礎だけでなく,
地学についてもコメントを入れていきたいと思います。
それではまた(´・ω・`)

=================================
平野拓哉——Takuya HIRANO

首都圏の予備校・塾で数学・地学を担当。

大学での専門は固体地球科学・信号処理。今後の人生で役に立つ地学(地球科学)がモットー。「覚えること」と「理解すること」を明確に区別し、単なる暗記に留まらない指導を心がけている。

好きな地学用語は「ハビタブルゾーン」

大学入学共通テスト 試行調査問題(平成29年度実施分)の古文についての所感

【はじめに】

先日、2018年11月10日に、2021年より現センター試験の後継となる大学入学共通テストの試行調査としてプレテストが行われたが、本稿では昨年に行われた試行調査問題の古文について気付いた点を述べる。

問題については、こちらを参照していただきたい。

【出典について】

文章Ⅰ~Ⅲと三つの文章から構成されている点が、現行センター試験と比べての新しい試みである。文章Ⅰと文章Ⅱは『源氏物語』桐壺からの出典ではあるが、本文には違いがある。
受験生はあまり意識しないことかもしれないが、『源氏物語』などの古文の文章は一つとは限らない。そもそも、紫式部(本当に紫式部によるものなのかさえも確実ではないかもしれない)『源氏物語』がそのまま現在に残っているわけではない。印刷技術などもない時代であるから、書き継がれ現在まで残ってきたのである。当然、書き写した人によって差が生じたり、何を基にしたかによって、本文に違いが生じるのである。その書き写されたものは写本と呼ばれるが、『源氏物語』の写本にもいくつかの系統が存在し、それぞれに違いがあるのだ。

この事情は、『源氏物語』に限ったことではなく、『枕草子』など他の古典作品でも同様である。このような事情を踏まえた上で、文章Ⅲが与えられている。文章Ⅲは文章Ⅱのように本文を整えた事情を語っている文章であると、リード文にあるものの、上記のような事情を知らなければ、三つの文章の関係性を理解することは受験生にとっては難しかったかもしれない。

【設問について】

問1~問6までの6問であり、傍線説明や解釈、表現とその効果を問うものなど、様々なバリエーションがあった。詳しくは実際の問題に目を通していただきたいが、現行センター試験に比べると、選択肢が短いため、一見取り組みやすそうに見える。

しかし、重要な単語や文法を暗記し、その知識だけで解答できるような問題はなく、本文の内容、文章Ⅰ~文章Ⅲ(特に文章Ⅱと文章Ⅲの)関連性が理解できていないと、解答は難しい部分があった。

もし、このように複数の文章が与えられる形式が定着するとすれば、なぜ複数の文章が与えられているのか、出題者の狙いを考えて突き止めることが必要になるだろう。一つの文章の大意を把握できているか否かが問われるのとはまた違った難しさがあるように感じた。

【対策について】

前述の通り文章Ⅰ~Ⅲの関連性や、三つの文章が並べられた意図を捉えることが大切ではあるが、一文をしっかりと読めることが出発点となることは変わりない。そのためには文法と単語の知識の習得とその運用、そして古文に読み慣れることだろう。

今回、文法の単独の問題はなかったが、読むために文法が不可欠であることは疑いの余地はない。そういう意味では、今まで言われてきた古文の対策のままで十分に対応できるだろう。日ごろの学校での授業と、予備校や塾に通っていればそこでの予習・復習を大切にし、古文を読む経験を積んで行くことだ。

【教える側が意識すること】

写本や諸本の問題については、古典文学研究を行う際には必ず通る道である。『古典文学の常識を疑う』(勉誠出版)の中の、山中悠希「諸本論は『枕草子』研究を革新できるか」などを一読しておくと、授業を考える際のヒントになるかもしれない。

また、平成27年の明治大学経営学部の過去問では、『十訓抄』から小大進が待賢門院の衣を盗み出した罪を着せられ、北野天満宮に籠り、天神に歌を捧げたことで罪がはれたエピソードが文章Ⅰ、「古今和歌集仮名序」が文章Ⅱとして出題されていた。文章Ⅰの歌徳の根本となる思想を語るのが文章Ⅱである。この例以外にも、複数の文章が出題された例は今までにもあった。

古典世界では、基盤となっている共通の知をもとにしている記述が少なくない。複数の文章が与えられずとも、たとえば注で、引き歌の全体を示したり、漢詩がもとになった記述であることを出題者が教えてくれていたりする。受験指導にせよ、学校現場での国語の授業にせよ、そういった共通の知について、積極的に教えていくことで、古典の世界が積み重ねの上に成り立っていることを生徒に意識させることは重要なのではないだろうか。

【おわりに】

本稿では、29年度の試行調査に限っての所感を述べた。そのため、30年度の試行調査を並べて考えてみた時には、また違ったことを述べることになることもあろうかと思う。また、個々の問題についての詳しい考察までは踏み込んでないため、物足りなく感じる部分もあるだろうが、あくまで全体を見渡しての所感を述べることが目的のため、ご容赦願いたい。

今後も、新テストの古文(機会があれば漢文も)について、考えたことを述べるつもりでいるので、お付き合いいただけたら幸いである。


記事内で紹介した書籍

==================================

葛西佑也——Yuya KASAI

大手予備校・高校等に出講。

日本古典文学研究と予備校や高校での古典講義を中心に精力的に活動。日本古典文学、中でも中古・中世、歌論、美術史をはじめ、興味関心は多岐にわたる。講義を通して古典に親しみ、その世界観に魅了される生徒は後を絶たない。

[地学基礎]大学入試共通テスト試行調査(プレテスト)について【速報版】

先にまとめると…
  • 2019年のセンター試験を受験する方も解いておくとよい。
  • 現行のセンター試験とほぼ同様の対策で対応可能。
  • 単なる暗記ではなく,教科書の探究活動なども読んでおきたい。
  • 難易度は標準

 


大学入試共通テスト試行調査

2018年11月10日・11日に大学入試共通テストのプレテストが実施されました。地学基礎について解いてみた感想を記してみたいと思います。

① 解答数
解答番号は[ 1 ]~[ 14 ]となっています。
現行の試験では[  1 ]~[ 15 ]となっているのでほぼ同数の問題数でした。

ただ,解答番号[ 5 ]と[ 6 ]が両方正解で得点を与えるという形になっているのが印象的です。

② 問題の難易度
現行のセンター試験と同程度もしくはやや易と感じました。

③ 解答時間
現行のセンター試験と同様に基礎2科目で60分であり,変更はありませんでした。1科目あたり30分と考えると解答時間は適切な分量でした。

各設問に対する所感(速報版)

第1問
A
問1【易】:地層に関する基本問題。切った方が新しいということがわかっていれば解ける問題。

B
問2【易】:やや目新しい設問である。岩石の形成年代・種類・特徴をまとめた図の誤りを指摘する。正しい選択肢,誤っている選択肢の判断がしやすいので解答は容易。問題のテーマは違うが,2017年度本試験第4問も参照してみることをオススメします。
問3【標準】:地球大気中の酸素濃度が急増した理由を正確に把握していれば解答できます。標準的ですが,正答率はやや低めになると感じました。

第2問
A
問1【易】:自然現象(地震と火山)に関する基本問題です。

B
問2【標準】:目新しい設問
この問題については別記事に記します。
完答しないと点にならない部分は注目しておきましょう。
問3【易】:風化に関する基本問題です。

C
問4【易】:台風の経路に影響する風の選択。
問5【標準】:やや目新しい問題。リード文に歴史的資料(1828年)の現代語訳が用いられている。
しかし,テーマ的には2007年度地学Ⅰ追試験で出題されています。また,中学生でも解答可能です。
問題文をしっかりと読まないと間違える可能性がある。

第3問
A
問1【標準】:溶岩チューブという用語が目新しいが,リード文を読めば解答可能。
問2【標準】:設定は目新しいが,どの問題集にも掲載されているタイプの問題である。

B
問3【標準】:宇宙の膨張に関する基本問題である。図から計算してもよいが,知識として知っている受験生が多いと思われる。
問4【易】:宇宙の階層構造に関する基本問題。誤っている選択肢が明らか。
問5【標準】:宇宙誕生後に起こった出来事についての問題であるが,学習が手薄になっている受験生が多いと思われる。少し細かい知識になるが,2016年度地学本試験第6問の問3を参照しておいても良いかもしれない。

地学基礎に関しては,
大きな変化はないと考えて良さそうです。

過去問も十分に利用できますので,高1・高2の方は,国語・英語・数学を頑張りましょう。

=================================
平野拓哉——Takuya HIRANO

首都圏の予備校・塾で数学・地学を担当。

大学での専門は固体地球科学・信号処理。今後の人生で役に立つ地学(地球科学)がモットー。「覚えること」と「理解すること」を明確に区別し、単なる暗記に留まらない指導を心がけている。

好きな地学用語は「ハビタブルゾーン」