「地学基礎」カテゴリーアーカイブ

「したこと」と「していること」 ~大学入学共通テスト 試行調査(プレテスト)について 第2弾~

第2問A 問2について

センター試験を受験した方々は,地学基礎のことは忘れて2次・私大に向けて全力で学習してください。

さて,遅くなりましたが,
第2問A問2について考えていきたいと思います。
問題はこちらから。

リード文と設問は,

リード文

◆観察結果:未固結堆積物の大部分で[ ア ]が観察できた。……
◆考察:観察結果に基づくと,[ イ ]が推論できる。

となっており,

問2[ ア ]・[ イ ]に入れる語句として最も適当なものを,それぞれ次ページの①~④のうちから一つずつ選べ。

選択肢
① 泥,砂,礫がほぼ同時に堆積したこと
② 泥と砂の中に礫が分散して分布していること
③ 礫,砂,泥の順に堆積したこと
④ 泥,砂,礫が層状に分布していること

 

となっています。
①と③,②と④が明らかにグループになることがわかりますね。

これは大学入試共通テストが要求しようと考えている内容を反映しているかと思います。

大学入学共通テストの要求ーー「観察結果」と「考察」

「観察結果」と「考察」は明確に違う概念ですよね。
「見てわかる事柄」と「考えられる事柄」です。

これが当たり前のことだとわかっているのならば何ら問題ありません。

では次の文を考えてみてください。

「A層の上にB層があり,A層とB層は不整合の関係にあるので,A層の堆積した年代とB層の堆積した年代が大きく異なる。」

サンプルとして書いた文章ですので,
細かい表現は気にしないでください…

さて,この文章ですが,順序が逆ですよね。

「A層の上にB層があり,A層の堆積した年代とB層の堆積した年が大きく異なるので,A層とB層は不整合の関係にあると考えられる。」

 
となるはずです。
もちろん,不整合の関係にあれば,年代は異なるのは事実です。しかし,「観測事実」によって
「不整合であることが推定」されるはずなのです。

普段あまり意識していないかもしれませんが,
このような内容が問われたという事実をしっかりと受け止めて頂けたらと思います。

今後は地学基礎だけでなく,
地学についてもコメントを入れていきたいと思います。
それではまた(´・ω・`)

=================================
平野拓哉——Takuya HIRANO

首都圏の予備校・塾で数学・地学を担当。

大学での専門は固体地球科学・信号処理。今後の人生で役に立つ地学(地球科学)がモットー。「覚えること」と「理解すること」を明確に区別し、単なる暗記に留まらない指導を心がけている。

好きな地学用語は「ハビタブルゾーン」

[地学基礎]大学入試共通テスト試行調査(プレテスト)について【速報版】

先にまとめると…
  • 2019年のセンター試験を受験する方も解いておくとよい。
  • 現行のセンター試験とほぼ同様の対策で対応可能。
  • 単なる暗記ではなく,教科書の探究活動なども読んでおきたい。
  • 難易度は標準

 


大学入試共通テスト試行調査

2018年11月10日・11日に大学入試共通テストのプレテストが実施されました。地学基礎について解いてみた感想を記してみたいと思います。

① 解答数
解答番号は[ 1 ]~[ 14 ]となっています。
現行の試験では[  1 ]~[ 15 ]となっているのでほぼ同数の問題数でした。

ただ,解答番号[ 5 ]と[ 6 ]が両方正解で得点を与えるという形になっているのが印象的です。

② 問題の難易度
現行のセンター試験と同程度もしくはやや易と感じました。

③ 解答時間
現行のセンター試験と同様に基礎2科目で60分であり,変更はありませんでした。1科目あたり30分と考えると解答時間は適切な分量でした。

各設問に対する所感(速報版)

第1問
A
問1【易】:地層に関する基本問題。切った方が新しいということがわかっていれば解ける問題。

B
問2【易】:やや目新しい設問である。岩石の形成年代・種類・特徴をまとめた図の誤りを指摘する。正しい選択肢,誤っている選択肢の判断がしやすいので解答は容易。問題のテーマは違うが,2017年度本試験第4問も参照してみることをオススメします。
問3【標準】:地球大気中の酸素濃度が急増した理由を正確に把握していれば解答できます。標準的ですが,正答率はやや低めになると感じました。

第2問
A
問1【易】:自然現象(地震と火山)に関する基本問題です。

B
問2【標準】:目新しい設問
この問題については別記事に記します。
完答しないと点にならない部分は注目しておきましょう。
問3【易】:風化に関する基本問題です。

C
問4【易】:台風の経路に影響する風の選択。
問5【標準】:やや目新しい問題。リード文に歴史的資料(1828年)の現代語訳が用いられている。
しかし,テーマ的には2007年度地学Ⅰ追試験で出題されています。また,中学生でも解答可能です。
問題文をしっかりと読まないと間違える可能性がある。

第3問
A
問1【標準】:溶岩チューブという用語が目新しいが,リード文を読めば解答可能。
問2【標準】:設定は目新しいが,どの問題集にも掲載されているタイプの問題である。

B
問3【標準】:宇宙の膨張に関する基本問題である。図から計算してもよいが,知識として知っている受験生が多いと思われる。
問4【易】:宇宙の階層構造に関する基本問題。誤っている選択肢が明らか。
問5【標準】:宇宙誕生後に起こった出来事についての問題であるが,学習が手薄になっている受験生が多いと思われる。少し細かい知識になるが,2016年度地学本試験第6問の問3を参照しておいても良いかもしれない。

地学基礎に関しては,
大きな変化はないと考えて良さそうです。

過去問も十分に利用できますので,高1・高2の方は,国語・英語・数学を頑張りましょう。

=================================
平野拓哉——Takuya HIRANO

首都圏の予備校・塾で数学・地学を担当。

大学での専門は固体地球科学・信号処理。今後の人生で役に立つ地学(地球科学)がモットー。「覚えること」と「理解すること」を明確に区別し、単なる暗記に留まらない指導を心がけている。

好きな地学用語は「ハビタブルゾーン」

過去問どれ使う?

地学の過去問は教学社・河合出版・駿台文庫から出版されていますが,個人的には…


大学入試センター試験過去問題集地学基礎 2019―付録 地学(本試・追試)掲載

こちらの駿台文庫のものが一番使いやすいと考えています。

理由
[1] 地学基礎になってからの問題のみ掲載されている。
※付録として地学(専門)の問題が1年分のみ掲載
[2] 薄くて持ち運びしやすい。
[3] 基本事項のまとめがついている。

古い過去問をやりたくなったらどうするか?
という質問が出てきますが,
センター試験の地学基礎に関しては,
過去問でなくて,マーク式問題集でよいと思います。
マーク式問題集も代ゼミ・河合塾・駿台から出版されています。

個人的には河合塾を進めることが多いですが,実際には代ゼミ・駿台のものもやってしまうのが良いでしょう。

☆過去問演習の仕方☆

[1] 何度も解くことを前提に。
問題に直接書き込んでしまうと,もう一度解くときに困ります。
どうしても,問題に書き込まないと解きにくい問題もありますので,コピーをとって解くか,webに掲載されている問題を印刷して利用するのもよいでしょう。(検索してみてください。)

[2] 曖昧な選択肢がある場合も,とりあえず答えを出す。
本番でも起こりうることを想定しながら演習するべきです。
マークシートを利用することも徹底してください。
※本番は問題用紙をもとに自己採点する必要があります。
どれをマークしたのか曖昧だと困りますので,問題用紙に記入する癖をつけていきましょう。
※過去問を解くときは,曖昧な選択肢については,メモを残しておくべきです。あくまでも練習なので。

[3] 採点+選択肢の吟味
採点の際に正解なのか不正解なのか判定するだけでは意味がありません。
解説を読んで,曖昧な知識を身に着けていきましょう。
この部分が大事です。
この点については次回細かくお話します。

[4] 解き直し(できれば翌日)
解き直しをしない受験生がいますが,
必ず解き直しをしましょう。
全く同じ問題が出る可能性は低いですが,
同じテーマ・同じ知識が必要な問題は十分に出題が考えられます。

=================================
平野拓哉——Takuya HIRANO

首都圏の予備校・塾で数学・地学を担当。

大学での専門は固体地球科学・信号処理。今後の人生で役に立つ地学(地球科学)がモットー。「覚えること」と「理解すること」を明確に区別し、単なる暗記に留まらない指導を心がけている。

好きな地学用語は「ハビタブルゾーン」

11月の学習指針(高1・高2)

学校の授業をベースに!

学校の授業をベースにして学習を進めていきましょう。
定期テストというイベント毎に暗記を進めて行く形で問題ないと思います。
受験生にも同じことを言うのですが,

「理解→インプット(暗記)→アウトプット(演習)」

を繰り返すことが大切です。

非受験学年のうちに理科基礎が完成していれば国立大学(文系)を受験する際に非常に有利になります。
たかが50点かもしれませんがされど50点です(^_^;

インプットとアウトプット

さて,ここから理解,インプット(暗記),アウトプット(演習)について簡単に記載していきたいと思います。

理解
学校の授業をぼーっとして聞いていると、せっかくの理解するチャンスを失ってしまいます。
まずは理解することを意識してください。

インプット(暗記)
皆さん十分承知かと思いますが、理解しただけではテストでは点がとれません。
多くの方が定期テスト前にひたすらインプットの作業を行うことになるでしょう。
(もちろん,授業進度に合わせてコツコツと暗記できているにこしたことはないのですが…)

アウトプット(演習)
インプットだけをしていても問題が解けるようになりません。
必ずアウトプット(問題演習)が必要です。
アウトプットする際には答えを覚えることに主眼を起きがちですが、
それでは結局、問題が変わると解けないということになりかねません。
そこで、理解を深めようとするかがポイントになります。

使っていきたい参考書

☆理解するための本☆
授業を聞いていても理解できない・イメージできない内容が出てくると思います。
そこで、以下の2冊を使って確認していくと良いのではないでしょうか。
定期テスト前に一気にやるのではなく授業後すぐに。
どちらも語り口調で書かれており,細かい内容まで記載されています。

青木の地学基礎をはじめからていねいに 大学受験地学 (東進ブックス) [ 青木秀紀 ]

フルカラーで、説明が非常に論理的です。
また、「CHECK✓POINT」というページをセクションごとに確認していくと非常によい復習になります。

定期テスト対策地学基礎の点数が面白いほどとれる本 [ 節田佑介 ]

発展内容も積極的に扱っておりレベルが高いです。
定期テスト対策なのかと言われると微妙かもしれませんが、
学校の授業で発展事項も解説されることが多いので、この本があると確認しやすいのではないのでしょうか。

他にもセンター試験に対応した書籍が多数出版されていますので,できる限り現物を見て自分が使いやすいと思う本を確認することをオススメします。
結局使うのは自分です。

☆暗記用の本・問題集☆
問題集については,使用している教科書に対応する問題集が配布されている場合が多いと思います。
基本的には配布された問題集を
しっかりとこなしていくことが大切です。
高1・高2の間は,
センター試験の形式に特化した勉強は不要だと考えています。

学校で問題集が配られていない場合は、

地学基礎の必修整理ノート (シグマベスト) [ 文英堂 ]
コンパクトにまとまっており,
手頃でよいです。

リードLightノート地学基礎改訂版 [ 数研出版編集部 ]
問題数が多めなので,
演習量を確保したい場合にオススメです。

書き込みサブノート地学基礎 [ 有山智雄 ]
個人的には以前から使用していて好きなのですが,
問題数がやや少なめです。

などのサブノート形式のものをつかって,学習していくとよいと思います。

結局は,自分が使いやすいと思うことが大事なので,現物をみて確認をしてください。

☆図録・図表
教科書に写真・図は掲載されていますが、

別のものも見ると理解が深まります。
注意するべき点としては
「図録・図表を主軸に勉強しない」ということです。
地学基礎以外の内容も多く、
非常に細かい内容も記載されています。
あくまでも眺めるためのものです。
とはいえ、
センター試験で写真が出題されることも多いので
暇な時に眺めておくだけでも効果があります。
学校で配布されている場合は,
配布されたものを使えばよいでしょう。

もし自分で購入しなければならない場合は

視覚でとらえるフォトサイエンス地学図録[本/雑誌] / 数研出版編集部/編
以外は入手しにくいと思いますので,
この書籍を一冊もっておきましょう。

最後に…

さて,ここまで色々と書いてきましたが,正直なことを言ってしまいます。
「まずは国語・数学・英語!」
以上!

=================================
平野拓哉——Takuya HIRANO

首都圏の予備校・塾で数学・地学を担当。

大学での専門は固体地球科学・信号処理。今後の人生で役に立つ地学(地球科学)がモットー。「覚えること」と「理解すること」を明確に区別し、単なる暗記に留まらない指導を心がけている。

好きな地学用語は「ハビタブルゾーン」

11月の学習指針(受験生)

受験生の皆様,地学基礎の学習は順調でしょうか?

12月・1月に入ってから地学基礎は本気を出すと考えている方もいるかもしれません。
その方針で成功する人もいますが,
科目間の勉強のバランスが崩れる可能性があることを
事前に把握しましょう。

私は,12月・1月に現代社会を詰め込んで大変でした。
(一応9割近くとれたのですが,他の科目にしわ寄せが…)

さて,11月1日でセンター試験まで
80日を切ってしまっていました。
そこで今回は,11月からセンター試験対策を意識している方に向けて書きたいと思います。

現段階で全く勉強したことがない,
地学基礎に触れたことがないという方は少ないと思います。
ここからはInputとOutputのバランスが重要になります。

Input~細かすぎる内容にこだわらない~

【地学基礎の範囲については一通り学習が終わっている場合】

今から新しい参考書を買う必要は基本的にないと思います。とにかく一冊をきっちりこなしてください。ただ,一通り参考書で学習したが,知識について覚えているかどうか不安がある場合は


一問一答 文系のためのセンター地学基礎ターゲット [ 島村 誠 ]
を使って,確認していくとよいと思います。

その理由は

[1] 赤シートで用語を覚えられる。
[2] 正誤問題が豊富
[3] コンパクトで持ち運びやすい

3点が挙げられます。

[1]赤字の部分をまず抑えましょう。
用語を暗記するだけでは点になりませんので,

[2]正誤問題の部分をつかって知識を定着させていきましょう。これはあくまでも,インプットの作業の一貫かと思います。

[3]は地味に重要です。とりあえず,取り出して開くとい作業がしやすいだけで勉強のしやすさが変わってきます。

 

アウトプットに入るかもしれませんが,問題演習をしないと定着しないので,この一冊をひたすら回すだけでよいと思います。
どうしても知らない知識が出てくるかと思います。正直キリがないので,出てきたら付け加えていくしかないでしょう。

「主軸となる本に付け加えていく」

ことが大切でしょう。
ほら,あの有名な原型を留めていない世界史の一問一答のやつですよ。極論をいってしまえば,どの本でもよいと思うのです。

Output~形式に慣れる~

以下の三冊のいずれかを利用するとよいでしょう。


短期攻略センター地学基礎 (駿台受験シリーズ) [ 小野雄一 ]


大学入試短期集中ゼミセンター地学基礎(2018) 10日あればいい! [ 平井昌行 ]


センター/マーク基礎問題集地学基礎新版 代々木ゼミナール [ 蜷川雅晴 ]

①じっくりと時間がとれる人

12月まで食い込んでも問題ないので,この本をじっくりと解きましょう。解説を読み込んで解いていくタイプの本です。少々発展事項も含まれていますが,理解を深めるための問題が多いので,取り込んでいきましょう。

間違えた問題にチェックを入れて,間違えた問題を解き直すというオーソドックスな方法でよいと思います。

過去問およびオリジナル問題が混在しているタイプの本です。

 

②ある程度時間がとれる人

大学入試短期集中ゼミセンター地学基礎(2019) 10日あればいい! [ 平井昌行 ]をオススメします。その理由は

[1] とにかく薄い!
[2] 問題数が多い!
[3] 古い過去問を使って典型問題が学習できる!

ことが挙げられます(使われている過去問の年度は古いものが多いですが,最新のものは12月に解くので問題ないと思います。)

一問一答 文系のためのセンター地学基礎ターゲット [ 島村 誠 ]を使っていないならば,POINTチェック!のページを利用して一気に基本事項の復習もできます。

 

③時間がとれない人

センター/マーク基礎問題集地学基礎新版
代々木ゼミナール [ 蜷川雅晴 ]

を通しでやることをオススメします。問題数も多くなく,基本的な内容がセンター試験の形式で確認することができます。Chapter.01~Chapter.04まであり,
各Chapterが大問9題で構成されているので,
全部で36題あります。
気合を入れていけば,
一週間かからずに終わることでしょう(´・ω・`)
何回も解き直すという使い方よりは,
穴を見つけるという観点で使うことをオススメします。

ですので,
問題に書き込みをしてしまってよいと思います。
解答が終わったら,
解答を参照しながら,
誤りの選択肢もすべて問題に書き込んでいきましょう。
入試直前に一気に見直すことができます。

 

「インプットからアウトプットへ徐々に切り替えていきましょう!」

=================================
平野拓哉——Takuya HIRANO

首都圏の予備校・塾で数学・地学を担当。

大学での専門は固体地球科学・信号処理。今後の人生で役に立つ地学(地球科学)がモットー。「覚えること」と「理解すること」を明確に区別し、単なる暗記に留まらない指導を心がけている。

好きな地学用語は「ハビタブルゾーン」

11月の学習指針②(高1・高2)

【地学基礎の授業が学校で開講されていない場合】

「まずは国語・数学・英語!」

です。
高3の時点でスムーズに学習が進められるように地学基礎の下地をつくっていきましょう。

高校で地学基礎が開講されてない場合は,
他の基礎科目が科学と人間生活+基礎科目2つ,ないしは基礎科目3つの授業を受けることになっているはずです。

現在高1で,高2で地学基礎の授業が開講される場合はまだ地学基礎を学習する必要はないでしょう。

(2次試験・私立大学で地学を使わないならば…)

「とにかく国語・数学・英語!」

地学基礎に関しては,
むしろ中学理科の復習をしておくとよいでしょう。
中1・中2・中3で扱う内容に肉付けしていけば,地学基礎の内容が完成してしまうからです\(^o^)/
※天文に関しては,中学校で学習する内容と高校で学習する内容が微妙にズレますので注意が必要です。

地学に時間を割く余裕がある人へ

もし時間があって,
映像で授業を受けたいならば,
NHK地学基礎
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/chigakukiso/
をつかって,地学基礎の各分野について学習を進めていくと良いと思います。

センター試験に向けたものではないですが,
基本的な概念を確認していくうえで良いでしょう。

使う参考書ですが,独学で知識を入れる必要があるので

「青木の地学基礎をはじめからていねいに」が良いでしょう。
これならば独学で進めやすいと思います。
NHK地学基礎と並行して学習していけばよいと思います。
高3の夏前に終わっているのが理想です。

問題集ですが,
市販されている問題集だと

「リードLightノート地学基礎」
が問題数が多いので良いと思います。

何度も言いますが

「とにかく国語・数学・英語!」

です。

=================================
平野拓哉——Takuya HIRANO

首都圏の予備校・塾で数学・地学を担当。

大学での専門は固体地球科学・信号処理。今後の人生で役に立つ地学(地球科学)がモットー。「覚えること」と「理解すること」を明確に区別し、単なる暗記に留まらない指導を心がけている。

好きな地学用語は「ハビタブルゾーン」

12月の学習指針

とにかく,過去問8回分(地学基礎)をすべて解きましょう。

過去問を解く際のポイントを
次の問題を使って確認したいと思います。

※一部発展事項を含みますが,理解が深まるので挑戦してみてください。


例題

大気圏と地球内部について述べた文として最も適当なものを,次の①~④のうちから一つ選べ。

 大気の密度は地表で最小になるが,地球内部の密度は地球の中心部で最大となる。
 地表付近の大気中の平均的な音速よりも,地殻を伝わる地震波の平均的な速度の方が速い。
 大気圏も地球内部も,地表から遠ざかるにつれて温度が高くなる。
 大気圏は気体で構成されているが,地球内部は固体で構成されている。


解答時の頭の中
① 密度なんて覚えてない。これどうなんだろ。△
② 数値覚えている。多分これが正解。○
③ これは明らかに違うな。成層圏とか温度下がったよね?×
④ これも明らかに違うな。外核は液体だったな。×

解答を見ているとき
問1の正解は②,合っていたから次。

では他の問題に対応できませんね。
各選択肢を使って,どのように勉強していくかですが…



「密度が大きいものと小さいものがあるとき,密度が大きいものが下に移動する。」という性質がわかっているかがポイントになります(中学校の理科の範囲)。
したがって,
大気の密度は地表面で最大になると考えるのが適切です。

地球内部についても同様に,
中心で密度が最大になると考えましょう。
地球の内部の密度については発展事項の内容ですが,地下深部ほど密度が大きいことは考えればわかりますので,しっかりと理解しましょう。

このような解説があればよいのですが,
事実のみ書かれている場合もあります。
疑問点が出たらできる限り調べるのが大事です。

しかしながら,教科書・参考書を見てもわからないことがあれば,暗記してしまうのも現実的です。
学校に地学の先生がいらっしゃる場合は,質問してみましょう。
一人で進めていく場合は,このあたりのバランス感覚が重要になります。


地表付近の平均的な音速は340[m/s]であるが,地震波はP波で5~7[km/s],S波で3~4[km/s]です。音速は常識的数値です。P波とS波については,P波の方が速いという事実が地学基礎では重要です。ここは覚えればよいのだなと判断しましょう。


成層圏,熱圏では高度が上昇すると温度が高くなります。
ここで, 温度構造以外のポイントも確認していくのが大切です。
・大気の主成分は?
・オゾン層ってどの層に存在?
・オーロラって熱圏で起こるんだったな。
など,教科書や参考書の該当部分を確認しておくべきです。


外核は液体です。マントルは流動性があるが固体であることに注意しましょう。ここで,「地殻・マントル・核/リソスフェア・アセノスフェア・核」について,一気に確認していけばよいのです。


このように,近年のセンター試験は複数の分野を1問に詰め込んでいる形になっている問題が一定数出題されます。

1問を利用して様々な分野の知識を確認していくのが大切です。

今まで使用している参考書・教科書があると思いますので,
それを主軸にして,情報をまとめていきましょう。
【11月の学習指針】
新しい本は基本的に必要ないです。
基幹となる本を完璧にしていきましょう。

=================================
平野拓哉——Takuya HIRANO

首都圏の予備校・塾で数学・地学を担当。

大学での専門は固体地球科学・信号処理。今後の人生で役に立つ地学(地球科学)がモットー。「覚えること」と「理解すること」を明確に区別し、単なる暗記に留まらない指導を心がけている。

好きな地学用語は「ハビタブルゾーン」