「コラム」カテゴリーアーカイブ

受験生諸賢に捧ぐ戯言たち

早いもので私大入試も本格化してから随分と立ち,
国公立もあと数週間というところまで迫ってきました。
受験生の皆さんはいろんな思いを巡らせていることでしょう。

それぞれの不安と孤独

高卒生の中には,昨年の入試のことを思い出して不安で仕方ない人もいるでしょう。一方で現役生の中には,初めて経験する大学入試に呑まれてしまっている感覚を抱いている人もいるかもしれません。

本命の大学を前に受験した大学の結果が思わしくなく,どうしようもない不安に襲われている人も,迷いに迷いながら出願大学を決めた人もいるでしょう。

周囲から大学進学を反対され,あるいは様々な事情から,想像を絶する逆境の中での挑戦を強いられている人だって少なくないのではないかと思います。

いずれにせよ,言いたいことはただ一つ。

最後まで自分の可能性を信じてほしい。

暑苦しいとかキレイゴトだとか偽善者ぶるなとか,
まぁいろんな反応は予想できなくもないですが,
それでもやっぱり言っておきたいのです。

「決断」の価値

去年の結果を受けて再挑戦を決意した人,今年初めて受験に臨む人,第一志望に挑戦する人,受験校を迷った末に変えた人,それぞれいろんな背景があって今の場所にいる。
背負っている物だって人それぞれ違うでしょう。

でもきっと全員に共通して言えることは,

「そこを受ける(/受けない)と決断した」

ということ。
最終的に決断したということは,
それだけで十分誇れることだと僕は思います。

それが望み通りの選択であれ,苦渋の決断であれ。

他人には「無謀だ」と言われるかもしれない。
周りには「逃げだ」と言われるかもしれない。

それでもあなたは決断した。
何よりもその事実が尊く美しい。

周りに何と言われようとも,そこがあなたの第一志望なら決して卑屈になることなく,あとはそれを自らの手で掴めるように。
あるいは自分の決断を後悔していると感じるのなら,将来「あの選択をしてよかった」と思えるように日々を充実させていくだけです。

本当に大切なのはここからなんです。

入試直前期の取り組み

直前期が最も伸びる…?

皆さんこんにちは。枡見(マスミ)です。

お久しぶりです。
更新,サボってたわけじゃないんですよ……たぶん。
センター試験が終わり,いよいよここから私大・国公立二次試験と,受験が押し寄せてきますね。ちょうど今日予備校の壁にこんな卒業生からのメッセージが貼ってあるのを見かけました。

「直前期が最も成績が伸びる!!頑張れ!!」

これ,受験生を勇気づけるためでもなんでもなく,
本当にその通りなんですよ。

受験指導者の目線で見て「正直なところ厳しいだろうなぁ…」と思っていた受験生が,予想を覆して合格を勝ち取ってくるという場面は,毎年日本中で見られる光景です。よく指導者は「開花した」とか「覚醒した」とか表現したりします。
ただし,これには条件がいくつかあるように思えます。

覚醒する条件①ーー愚直な努力の積み重ね

1つ目は,これまで愚直に努力を積み重ねてきていること。
知識をストックし,それを問題を解く中で結びつける経験を積んでいることなしには,開花もなにもしようがありません。

覚醒する条件②ーー振り返る

2つ目は,きちんと振り返りをすること。
入試本番,解けなかった問題があったら,
次の大学で出題されたときには確実に解けるようにしよう。
センター試験で解けなかった問題はもう解きなおしましたか?
同じテーマの問題が明日の試験で出るかもしれませんよ?

「お願い…出題しないで…!」と神頼みするよりも,
「もう大丈夫!同じの出てこい!」という状態にした方が良いに決まっているでしょう。

いま君たちにできることは,1つでも解ける問題を増やして,合格する確率を上げることです。

覚醒する条件③ーー途中で投げ出さない

最後に,勝負を途中で投げ出さないこと。

受験シーズンは長い。
過ぎてしまえばあっという間だけど,
戦っている最中はとにかく長くしんどいものです。

でもそれは他の受験生も一緒。我慢比べ。
投げ出したら負けです。

問題が解けずに失敗して落ち込んだり,途中で不合格通知が届いて,心が挫けそうになることもあるかもしれません。
それでも,明日のために今できることをやりましょう。

私大がダメでも国公立で勝てばいいじゃないか。
前期がダメでも後期で勝てばいいじゃないか。

そういう心意気で試験に臨みましょう。
あとは体に気をつけて。

読み終わったら画面を閉じてペンを持ちましょう。
君の受験に幸運を。
==================================
枡見康平——Kohei MASUMI

首都圏の予備校・塾・学内予備校に出講中。

講義ではテキトーそうな雰囲気を醸し出しつつ,「なぜそうなるのか?」を一つ一つ丁寧に積み上げる。ごく稀に化学愛をぶちまける。科学史と甘いものとネコが好き。

深呼吸のしかた

入試本番が近づいてきて、
緊張感が高まってきている受験生も多いのではないでしょうか。

緊張と言えば、
受験生が最も緊張する場面ってどういう時でしょう?

それは言うまでもなく試験直前ですよね。
これまで受けてきた模試の直前でも非常に緊張したという経験をしている受験生も少なくないでしょう(もちろん全く緊張しない人もいるでしょうが)。
緊張すれば当然自分の実力を十分に発揮できなくなります。「緊張した状態で出せた力が実力だ」という言い方をすることもありますが、できれば緊張したくないですよね。

ではどうすれば緊張状態から自分を解放することができるのか?

よく言われるのは「深呼吸をすること」です。

しかしながら、
皆さん「正しい深呼吸のしかた」をご存知ですか?

そう言われてみるとよくわからないのではないでしょうか。
深呼吸に正しいとか正しくないとかあるの?
とも思うかもしれません。

でもね、実はあるんですよ。

そこで、本稿では正しい深呼吸のしかたについてお話しします。

なぜ緊張するのか?

まずは人が緊張するメカニズムから話を始めましょう。

人間には自律神経というのがあります。簡単にいうと人間が意識して動かすことのできない部分を動かしている神経系です。心臓の動きとか、胃の消化とか、そういうものを司る神経系です。

自律神経には交感神経と副交感神経と呼ばれる2種類があります。これらは一方が活発に働くと他方の働きが抑制されるという仕組みになっています。そして緊張感は交感神経が優位になっているときに起こるものです。例えば心臓がばくばくしたり、身体に力が入ったりする。これらの身体反応は交感神経が優位になった時に起こる現象です。一方副交感神経が優位になっているときは、身体も心もリラックスした状態になります。

緊張を抑えるための方法

ということは、緊張をしずめる方法としては、交感神経が優位となっている状態から副交感神経が優位となっている状態にすればよいということになります。

……と簡単に言いますが、これ、おかしな話だということに気づいたでしょうか。

先にも述べた通り、自律神経は人間が意識して動かすことのできない部分を動かしている神経系」です。したがって自律神経を自分で意識的にコントロールできないはずです。ね、おかしいでしょ。

ところが、一つだけ私たちが自律神経をコントロールする方法があるのです。

それがなんと、呼吸なのです。

単純化して言うと、息を吸うときには交感神経が活発化し、息を吐くときには副交感神経が活発になります。

したがって、交感神経の興奮を抑え副交感神経を優位にするためには、息を吐くことを意識すればいいわけです。

そこで重要になるのが「深呼吸」なのですよ。

緊張を抑える深呼吸のしかた

それでは、緊張を抑えるための正しい深呼吸のしかたについて説明します。

まずは深呼吸をしてみてください。

おそらく「大きく吸って」から「大きく吐く」人がほとんどなのではないでしょうか。

実はこれがまちがいなんです。

「呼吸」という字を見てみましょう。順番を見ると「呼気」と「吸気」ですよね。つまり呼吸とは「吸ってから吐く」ものではなく「吐いてから吸う」ものなのです。これが深呼吸のポイントです。

以下に深呼吸のしかたを順を追って説明します。

 

  1. おなかをへこませながら、入っている空気をすべて吐き出します。この時には口をすぼめて口から吐き出すとよいでしょう。
  2. もうこれ以上吐き出せない、おなかをへこませることができない、というところまで吐ききったら、吐くのをやめおなかの力を緩めます。そうすると、自然とおなかふくらみ鼻から空気が入ってくるはずです。これが「吸う」です(息苦しく感じたら鼻から少し吸ってもかまいません)。
  3. 息をすったら、また1.のように吐き出します。そして②へ。これを2分から3分程度続けます。

これを呼吸のみに集中して続けてみてください。気づくと緊張感が和らいでいるはずです。つまり呼吸をコントロールすることで自律神経をコントロールした、ということです。

最後にこの呼吸法のポイントをいくつか。

POINT
  • 原則として「口から吐いて鼻から吸う」こと。
    やりにくいようであれば鼻から鼻、口から口でもかまいません。
  • 必ず呼気を長く、吸気を短くする。
    副交感神経を優位にしたいのですから、吐く時間を長くします。
  • 呼吸器に疾患を抱えている人は無理をしない。
    できる範囲で。
  • 吸ったときにおなかがふくらむ感じがあまりしないという人は床に寝ておなかに本などを置いて呼吸してみてください。本の上下でうまく呼吸ができていることがわかります。

「腹式呼吸」という言葉を聞いたことがある人もいるかと思います。実は深呼吸とは適切な腹式呼吸の方法なのです。

ぜひこの深呼吸のしかた、やってみてくださいね。受験生の健闘をお祈りしています。
==================================
根岸大輔——Daisuke NEGISHI[小論文]

現代文・小論文・AO推薦入試対策講師。

基本的な読解スキル・解答スキル・論述スキルをいかにして活用するかを授業の主軸に据えている。同時に大学入試頻出の知識・テーマをわかりやすく説明。その方法論と知識は多くの生徒の信頼を得ている。

漱石山房記念館

文学に馴染みがないという方でも名前ぐらいは聞いたことがあるであろう文豪の代表だと思われる、夏目漱石。

生い立ちはこちらで詳しく紹介されているので省くこととして、彼が明治40年(40歳のころ)に職業作家として朝日新聞社で働き始めたころ引っ越したのが、東京都新宿区の早稲田南町。この家は「漱石山房」と呼ばれ、寺田寅彦、鈴木三重吉、菊池寛、芥川龍之介、久米正雄をはじめとする、後に著名な作家となる多くの文学者たちが集う「木曜会」が毎週木曜日に開催された場所として知られています。

そんな漱石に縁のある地で、昨年(漱石没後150周年)9月にオープンしたのがこちらの「漱石山房記念館」でございまして。

早稲田駅から徒歩10分弱の位置にあるこちらの建物。ちらっとだけ中が見えていますが、こちらが先述の「漱石山房」の一部を再現したもの。これだけでなく、他にも数々の資料が展示されております。

漱石の書斎を再現した展示室はやはり賑わっていましたし、2階に展示されている数々の資料も見ごたえのあるものばかり。

以前は再現展示室(漱石山房の一部の再現)だけは写真撮影OKだったようですが、今は全面撮影禁止となっておりますのでご注意ください。

興味ある方は是非。漱石を読み直そう(読んでみよう)かなぁという気になることと思います。

「作業」と「勉強」を分けよう!

分析の目を持つ

求めている成果を確実なものとしたい時には、達成のための行動を「解像度の高いレンズ」で見つめることが大切です。

たとえば、僕は予備校講師をしています。
いわば授業を売り歩く商人のような職業ですが、「売る価値のある授業」をするには入念な準備が必要です。

その準備時間に対しても、ただ漫然と「◯◯時間準備した!」では駄目で、常にかけた時間に対して分析の目を向けなければなりません。
つまり、「今は授業のどういった要素の質を上げる準備をしているのか」という点に注意を払うべきだということです。

授業のクオリティとは、大きく

①論理性…分かりやすいか
②興味性…面白いか
③有益性…ためになるか

の3点だと考えます。

①を欠けば内容が伝わらず、②に乏しければ受講者の集中は続かず、③が無ければ予備校の講義として失格です。

授業が失敗する時というのは、上記の要素のいずれかが足りないことが多い。
そこで、以上3つの観点から準備時間を点検することで、より満足のいく結果を残すことができる訳です。

勉強の内実を点検する

ところで、このような「時間を分類する」ことの重要性は、受験勉強にもいえます。

勉強をしているようで実は「作業」に没頭しているだけ、という受験生は多くいます。
世界史でいえば、ノートに歴史事項をまとめたり、教科書にマーカーを引いたり、プリントを眺めるのは「勉強」ではなく「作業」。

自分自身がそのタイプの受験生だったのでよく分かりますが、「作業」には大した心理的負荷がかからない割に達成感があるのが厄介で、時に「今日こそは充実した受験勉強をしたのだ」という錯覚すらもたらす悪魔的な魅力があります。
こうして世界史に費やす時間ばかりが増えていき、その割に成績は伸びないという悪循環に陥るのです。

ぜひ、「勉強時間」の内実を点検しましょう。

その際、

「作業」…ストレスのかからないこと
「勉強」…ストレスのかかること

と定義して時間を分類してみると便利です。

前回の内容に絡めて言うのであれば、「問題集を解く」という、なんとも面倒で、つまらなくて、気分がさらに落ち込みそうで、考えただけでイライラしてくる行為をダイナミックにこなすことこそが「勉強」に他なりません。

つまるところ受験勉強とは、ストレスに立ち向かう胆力が問われているのです。
ストレスの代償は、確かな学力として返ってくること請け合いです。

次回は「ストレス」との向き合い方について私見を述べてみたいと思います。

==================================
鈴木悠介——Yusuke SUZUKI[世界史]

予備校講師・参考書作家・予備校マニア・学参収集家。

著書『高校世界史をひとつひとつわかりやすく。』シリーズ(学研プラス)『世界史単語の10秒暗記 ENGRAM2250』(学研プラス)他。

鈴木悠介公式ホームページはこちら

受験勉強のストレス、どうする?

前回、「作業」と「勉強」を分けることの重要性や、勉強とストレスの関係について書きました。

しかしながら、迫り来るストレスに押し潰されては本末転倒。
そこで今回は受験ストレスとの向き合い方について私見を述べてみたいと思います。

ストレスは必要?

そもそも、ストレスとは充実した人生を歩むために必須のものです。

人生を構成する要素は、大きく次の2つ。

①仕事・勉強
②娯楽

そしてその特徴は、

①仕事・勉強…ストレスがかかり、楽しくないことが多い
②娯楽…ストレスがかからず、楽しいことがほとんど

これら2つに「時間」という資産を、どう振り分けるかが勝負でしょう。

そして、いわゆる「成功者」と呼ばれる人達は、
①に割く時間の割合が、
普通の人の遥か上を行っているものです。

もちろん全ての人がいわゆる「成功」を目指すべきだとは思いませんし、成功の定義もまた人それぞれでしょう。
しかし、受験に限れば、合格のために、なりふり構わず「成功」を目指さなければなりません。

高揚感

ここで重要になってくるのが〈高揚感〉です。
①に没頭できる人というのはほぼ例外なく、
〈高揚感〉を味方につけています。

〈高揚感〉とはワクワクしている状態であり、
ストレスをストレスだと感じさせなくする効能があります。

ということは、
ストレスを感じずに①に没頭するためには、
何か行動をする際に
「楽しくない」「楽しい」の基準で分けるのではなく、
「高揚感を感じるかどうか」で分ければ良いのです。
よく、「仕事も遊びだ」と言う人がいますが、
まさにこの感覚なのではないでしょうか。

では〈高揚感〉を獲得するにはどうしたら良いのでしょう。

自分の経験上、

・自分が進歩している実感がある
・目標や夢に向かって前進している

という自分自身の「物語」に酔っている時は
〈高揚感〉が得られます。
〈高揚感〉とは「生命力」と言い換えても良いかもしれません。

人生は「物語」を生きるか、
漫然と日常をやり過ごすかの二択です。

ぜひ受験勉強にも「物語」を取り入れましょう。

例えば、

これまで何にも夢中になれなかった
冴えない自分が大学受験を機に生まれ変わり、
一日10時間の猛勉強の末に憧れの第一志望校に合格。

というサクセスストーリーを描き、
その主人公になったつもりで勉強に取り組むのです。

また、未来から今を振り返るストーリーもやる気が出ます。
創作で良いので、ワクワクするストーリーを描きましょう。

30歳になった自分が過去を振り返る。
バリバリと働き高収入を得、
綺麗な部屋に住み毎日が充実している。
雑誌のインタビューで「あなたの原点は?」と問われ、答える。
「それは大学受験です。」

このように、〈高揚感〉とは
意識的に「管理」することが非常に大切です。

自分の人生は自分で盛り上げる。
この境地に達した受験生なら、大学受験など軽々と乗り越えていくに違いありません。

ストレスとは解消するものではなく、
〈高揚感〉で包み込み、
成功への推進力とするべきもの
なのです。
==================================
鈴木悠介——Yusuke SUZUKI[世界史]

予備校講師・参考書作家・予備校マニア・学参収集家。

著書『高校世界史をひとつひとつわかりやすく。』シリーズ(学研プラス)『世界史単語の10秒暗記 ENGRAM2250』(学研プラス)他。

鈴木悠介公式ホームページはこちら

深まる秋の受験生

寒くなってきましたねぇ。
2018年ももう残すところあと2ヶ月。
はやいですね。ほんとにはやい。
あっという間に2019年を迎えるんでしょうねぇ。
無事に迎えたいものですねぇ。
受験生をはじめ,皆さま体調にはくれぐれもお気をつけて。

受験生のなかには,かなり焦りを抱えている人もいることでしょうが,時間の流ればかりはどうすることもできない以上,やれることやるべきことを丁寧に着実にやり切るのみです。
自分の現役時代を振り返ってみても,
この時期はいろんなことを考えていた時期でした。

高校ではクラスの過半数が
推薦入試で合格していたのもこの時期。
いわゆる「受験勉強」に飽きつつあったのもこの時期。
いろんなものが魅力的に見えた時期でした。
周囲の人々や志望大に通う大学生が楽しそうにいろいろなことをしている姿を見て,それに憧れたりもしましたね。

「大学入試は全てじゃない」
「合格したあとを見据えろ」

よく言われることですし,私自身指導に当たる際には少しでも成績の向上というものに加えて,そうした付加価値を与えられれば良いなぁと思いながら指導はしています。
でも,やはりまずは目の前の入試を突破してほしいものです。
今までに経験したことのないような楽しいことはその後いくらでもできますから。

「将来こうなりたい」というイメージが漠然とでもあるならそれに向けて,まずは目の前のことを着実に。

行きたい学校があって,あるいはやりたいことがあって,でもその前には入試があって。

長い目で見ればほんの一瞬。
その一瞬をどう過ごすか。
これって後々大きい気がするんですよね。
社会的にどうのこうのではなく,自分自身の中で。

かつて恩師から言われた,

「希望を叶えるには,少しの運と圧倒的な力が必要だ」

この言葉は今も僕の胸に響いています。

要は,やりたいことをやるための準備期間。
「受験勉強」が自分のやりたいことと逸れているように感じるとしても,もっと直結するようなことがあるように思えるとしても,無駄な勉強ってないはずなんですよね。

というか,何がどこでどう繋がるかなんて後にならなきゃわからない。繋がりそうもないというなら,圧倒的な力で繋げてしまえば良い。そんなことをふと考えたりするものです。たまに。

もちろん,興味の赴くままにいろんな世界を見ることは大賛成ですが,それが言い訳になってしまうことのないよう気をつけたいですね。

==================================
羽場雅希——Masaki HABA首都圏の予備校・高校に出講。誰よりも自身が文章と戯れることを楽しみつつ、受講生の誰もが理解でき、かつ汎用性の高い考え方を提供する授業に定評がある。